« 国立科学博物館は楽し その7 | トップページ | 国立科学博物館は楽し その9 »

2013年4月 9日 (火)

国立科学博物館は楽し その8

ぴろQ東京漫遊記2013 その33

Sengoku一角で、千石正一氏の爬虫両生類標本の展示がありました。残念ながら写真はブレブレで撮れませんでしたが、なかなか興味深い展示でした。私にとって、さかなクンと千石氏は心の師匠でもあります。昔、爬虫類を飼おうと真剣に思った事があって、千石氏の著書を読んで勉強したものでした。昨年、急逝されたのを知った時はかなりショックでした。千石氏のご冥福をお祈りしながら鑑賞・・・R.I.P

更に展示は続きます。

P3240363

世界中の生き物の剥製と・・・

P3240356 P3240365

見上げると骨格標本・・・素晴らしい!

P3240355 P3240357_2

P3240364 まるで生きているよう

P3240366

本当に沢山の生き物の剥製があります。

P3240367 P3240371

P3240370 P3240369

そんな中・・・これは珍しい・・・

P3240368 ユキヒョウの剥製

つづく

|

« 国立科学博物館は楽し その7 | トップページ | 国立科学博物館は楽し その9 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館は楽し その8:

« 国立科学博物館は楽し その7 | トップページ | 国立科学博物館は楽し その9 »