« 国立科学博物館は楽し その1 | トップページ | 風とライオン »

2013年4月 7日 (日)

国立科学博物館は楽し その2

ぴろQ東京漫遊記2013 その27

P3240299 入館料600円

中に入るとさすが日曜日、人が沢山!とりあえず日本館の3階へ・・・

日本館 「日本列島の自然と私たち」
日本列島の自然と生い立ち、そこに暮らす生き物たちの進化、日本人の形成過程、そして私たちと自然のかかわりの歴史が展示されています。(リーフレットより)

ドーム内部 美しいP3240300

なかなか歴史ある建物の様で・・・

日本館は、昭和3(1928)年4月に着工し、昭和6(1931)年9月に竣工。文部大臣官房建築課の設計によるネオルネサンス様式を基調とした建物で、当時の科学技術の象徴であった飛行機型のデザインとなっています。(リーフレットより)

先ずは 日本列島の素顔

P3240301 P3240302

さすが国立だけあって、とにかく収蔵品が多い!一つ一つ見ていったら一日あっても足りません!ここはざっと流して見て回る。

P3240303 P3240305

P3240306ずらりと並ぶ・・・

様々な鉱石の標本

P3240307

その中に隕石も・・・

つづく

|

« 国立科学博物館は楽し その1 | トップページ | 風とライオン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館は楽し その2:

« 国立科学博物館は楽し その1 | トップページ | 風とライオン »