« どうにか・・・ | トップページ | 無事、お届け~♪ »

2012年11月 9日 (金)

コナン・ザ・グレート 特別編

Conan_the_barbarian原題:Conan the Barbarian

私にとってコナンは”未来少年”でもなく”名探偵”でも無く・・・ロバート・E・ハワード原作の”英雄”であり、多分、アーノルド・シュワルツェネガー主演作で初めて見たの本作のコナンです。子供の頃、今は無き、センターシネマで鑑賞して、その鋼の様に鍛え抜かれた筋肉に度肝を抜かれました。一族を皆殺しにされたコナンの復讐劇。ヒーローイックファンタジーにして、今では考えられない位暴力的で・・・しかも、惜しげもなく乙πが出てきたのも衝撃的でした。(笑)大人になって見ていると、劇中に登場する「世紀末思想の新興宗教」なんかは'60末~'70頭までのヒッピー文化のアンチテーゼにも見えた。それにしても・・・所々に見え隠れする、黒沢映画の影響が興味深い!間違いなく、ジョン・ミリアス監督は黒澤明を意識してつくったはずです。子供の頃、魔法使い役のマコ石松は、なんじゃこりゃ!?とか思いましたが・・・ストーリーテラーでもあり、なかなか良かったんじゃない?。あ・・・それと、シュワルツェネガーの演技は台詞棒読み、無表情と・・・糞下手ですが、これを見てかどうか、ジェームズ・キャメロンが「ターミネーター」で”未来から来た殺人ロボット役”に彼を起用したのは、さすが!素晴らしいキャスティングだと今更関心しました。・・・さて・・・点数は・・・思い入れたっぷりで・・・

8点/10点満点中

【106本目】

|

« どうにか・・・ | トップページ | 無事、お届け~♪ »

DVD」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101974/55556826

この記事へのトラックバック一覧です: コナン・ザ・グレート 特別編:

« どうにか・・・ | トップページ | 無事、お届け~♪ »