« 台北101へ行ったyo! その5 展望台からの眺め③ | トップページ | 台北101へ行ったyo! その6 巨大ダンパー »

2012年9月26日 (水)

おいおい・・・大丈夫か?wwww

安倍氏、自民新総裁に…決選投票で石破氏を逆転

 自民党は26日、総裁選の投開票を行い、新総裁に安倍晋三元首相(58)(町村派)を選出した。

安倍氏は1回目の投票で2位につけ、1位となった石破茂前政調会長(55)(無派閥)を決選投票で逆転し、勝利した。任期は15年9月末までの3年間。安倍氏は9月中に党役員人事を決める方針だ。安倍氏は、党員投票で過半数を獲得した石破氏を重要ポストで処遇する方針だ。

 総裁選が決選投票にもつれ込んだのは40年ぶり。決選投票での逆転勝利は、石橋湛山氏が岸信介氏を破った1956年以来、56年ぶりとなる。

 自民党は、安倍新総裁のもとで、2009年に野党に転落して以来の政権復帰を目指し、次期衆院選に臨む。安倍氏は、谷垣禎一前総裁が進めた民主、自民、公明3党の協調路線に否定的で、野田政権への対決姿勢を強める構えだ。安倍氏の総裁就任で、野田首相の政権運営は厳しさを増すとの見方も出ている。

 安倍氏は、総裁選の投開票後、党本部で記者会見し、野田政権への対応について、「野田首相は『近いうち』の衆院解散を(谷垣禎一前総裁に)約束した。それを果たしてもらうべく、全力を尽くす」と述べ、早期解散を求めていく考えを強調した。党役員人事に関しては、「石破氏が党員票の過半数を取った。重く受け止めなければならない。協力していくことが求められている」と語り、石破氏を党三役などの重要ポストに充てる考えを示唆した。

 総裁選の1回目の投票では、石破氏が199票でトップ、安倍氏が141票で続いた。5人の候補者のいずれも過半数を獲得できず、上位2人が国会議員投票だけで争われる決選投票に進み、安倍氏が108票、石破氏が89票だった。読売新聞 - 09月26日 14:16

--------------------------------------------------------------

115697609_143

 またマスコミのバッシングに耐えられなくなって・・ママ~ン・・・ポンポンいたぁ~い!とか言って投げ出したりしないか?

個人的にはこの人に一回任せてみた方が面白そうな気がしたんだけど・・・

800px1

20080302a

|

« 台北101へ行ったyo! その5 展望台からの眺め③ | トップページ | 台北101へ行ったyo! その6 巨大ダンパー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

う~ん
コレはちょっといただけないなぁ~
安倍さんの病名は「潰瘍性大腸炎」と公表されていますね。
http://www.nanbyou.or.jp/entry/62
新薬のメサラジン(ペンタサやアサコール)が効いて、完治した・・・と言うことになっています。
まぁ、再発の危険性はあるのは公然の秘密らしいですが(^^;
ですので、指摘の通りになる可能性も残されてはいる・・・と、私は思っております。

しかし、ここは安倍氏がどうのではなく、「潰瘍性大腸炎」で苦しんでいる人、そこから社会復帰をしようとしている人を笑うかのような発言になっていやしないだろうか?
そういう点です。

石破氏でも、一定以上の成果を残せると思います。ただ、今後与党になった時に、どういった組閣が出来るかが問題になります。その国会議員票が少なかったと言うのが、プロの政治家の判断なのでしょう。
一人だけ優秀でも、他ついて来る人材が少なければ、なかなか上手くはいかないでしょう。

もっとも、党内の選挙ですから、党員でもない私があれこれ言っても始まらないんですけどね(^^;

投稿: ババ | 2012年9月26日 (水) 23時53分

>ババさん
この記事をアップするにあたって、ご指摘の病気で苦しんでいる方への配慮に欠けていたのは認めます。

ただ・・・一国の首相が、国の方針をめぐって右往左往している時に、突然”政治家の常套手段”の健康不具合という名のもとに国政を放り投げた事実に、私は疑問を感じずにはいられません。

本当に、国を引っ張って行くリーダーならば、説得力あるメッセージが欲しい。

阿部氏が小泉氏の後に首相になった時、それまでのハッキリした物言いに、リーダーシップを期待していましたが・・・結果、あの幕引きは、個人的には納得いかないものでした。

私の様な意見の人は多数いると思います。だからこそ、この近隣諸国との微妙な時期、どう日本を舵を取っていくのか?興味深い所であります。

この選挙の結果は、数日前からマスコミが予想していた通り・・・それくらい薄っぺらい物だなぁ・・・と感じております。

投稿: ぴろQ | 2012年9月27日 (木) 00時31分

病気には勝てない・・・
私も身をもって感じたことです。

さて、当時のことを病気の面から語った記事がありました。なかなか興味深かったです。
http://yinguo.tumblr.com/post/32386570414

私も、健康問題から安倍氏はもうちょっと時間があいたほうがいいかなぁと思って、町村氏の方がいいと思っていましたが・・・まさかの町村氏の健康問題・・・
石原氏が谷垣氏を下ろし、町村氏の健康問題で、まぁ、順当な結果だなぁと思いましたよ。
石破氏の応援をしていた佐藤議員(ヒゲの隊長)も、「同僚議員から人気がない事を良く考えて、変えていって欲しい」と言っていましたから。
まぁ、政治家は批判されてナンボ。
でも、単なるネガキャンにならないようにしたいと、自戒しているものです。
流行で言えば、高いカツカレー食べたからとかで「庶民感覚がない」とか言う奴ね。

投稿: ババ | 2012年9月27日 (木) 22時16分

>ババさん
病気の理解を深めるためのリンクありがとうございます。
しかし、私は基本的にマスコミ・政治家、双方あまり信用してないのでどうしても疑った見方をしてしまいます。本当に健康に問題があるのなら国政を左右する政党の党首選に出るべきではない!と言うのが私の本音です。
先にも書きましたが、首相になるまでの阿部氏の物言いは非常に共感を持っていましたが、首相になった途端、トーンダウン・・・マスコミの突き上げで・・・入院・・・辞任・・・(この印象は否めません)

先回同様、色んなバッシングに心折れて途中で投げ出すような事が無い様に願います。

>>単なるネガキャンにならないようにしたいと、自戒しているものです。

確かにそうですね。
マスコミにバッシングされて国民の印象が悪く、ダーティーなイメージでも、国民の為の政治をしている政治家が良い政治家なんだ・・・と思います。

今日の報道の一件は・・・「カレー如きで悪い印象つけて世論を操作しよう」・・・とする日本のマスコミの悪意を感じます。

投稿: ぴろQ | 2012年9月27日 (木) 23時32分

「3500円のカツカレーなんか食って、庶民感覚のないヤツ」
とこき下ろしている毎日放送の社員の平均年収が1267万円
という記事が一番おもしろかった俺です。

投稿: cozy | 2012年9月28日 (金) 01時18分

>cozyさん
鋭い!そういう視点も重要ですね!
メディアは庶民の味方・・・みたいな風潮がありますが・・・決してそうではありません!cozyさんも私も、奴らの気違い具合は良く知ってますもんね・・・

投稿: ぴろQ | 2012年9月28日 (金) 02時01分

>本当に健康に問題があるのなら国政を左右する政党の党首選に出るべきではない!と言うのが私の本音です。

私もそう思います。
前回は持病を持ちながらも、流れに乗っての総理でしたからね。
で、病気を甘く見て、挫折。
今回は、別に今でなくてもいいように思うんですが、まぁ、政治家には政治家なりのロジックと言うものがあるのでしょう。
しかし、新薬が認可されてまだ2年。
そういう意味で、まだ早いと思っていました。
まぁ、決まってしまったのですから、真に国民のためになる政治を目指してもらいたいものです。
なんといっても、まだ「野党の総裁」なんですから。
しかし、マスコミの安倍嫌いは異常に思えますね。なんででしょう?

投稿: ババ | 2012年9月28日 (金) 21時33分

>ババさん
>>まぁ、決まってしまったのですから、真に国民のためになる政治を目指してもらいたいものです。

全く持って同感です。政党トップになってから・・・とか、首相になってから・・・急にトーンダウンしてしまう代表が多いので、自らの政治信念を曲げないよう期待しています。

マスコミの安倍嫌い・・・と言うよりも・・・マスコミは体制に対して反していれば良い・・・位の感覚で報道しているので、誰がなっても同じだと思いますよ。マスコミのミスリードに流されないように、見ていきたいと思います。

投稿: ぴろQ | 2012年9月28日 (金) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おいおい・・・大丈夫か?wwww:

« 台北101へ行ったyo! その5 展望台からの眺め③ | トップページ | 台北101へ行ったyo! その6 巨大ダンパー »