« 大阪城へ行ったyo! その3 天守閣の前にて・・・ | トップページ | 大阪城へ行ったyo! その5 天守閣内の展示1 »

2012年6月 1日 (金)

大阪城へ行ったyo! その4 いざ天守閣へ!

2012年 大阪・京都の旅 その25

P5211783 P5211782

大阪万博を記念して・・・なぜか大阪城の本丸地下15メートルの所にタイムカプセルを埋蔵しているそうです。

P5211786

正面から見た天守閣

大坂城・大阪城(おおさかじょう)は、摂津国東成郡大坂(現在の大阪市中央区の大阪城公園)にあった安土桃山時代から江戸時代の城である。別称は金城あるいは錦城で、大坂が近代に大阪と表記するように改まったため、現在は「大阪城」と表記することが多い。

概要
通称「太閤さんのお城」とも呼ばれているが、1959年(昭和34年)の大阪城総合学術調査において、城跡に現存する櫓や石垣などは徳川氏、徳川幕府によるものであることがわかっている。

大坂城は、上町台地の北端に位置する。かつて、この地のすぐ北の台地下には淀川の本流が流れる天然の要害であり、またこの淀川を上ると京都に繋がる交通の要衝でもあった。元々古墳時代の古墳があったと言われ、戦国時代末期から安土桃山時代初期には石山本願寺があったが、1580年(天正8年)に石山合戦で焼失した後、豊臣秀吉によって大坂城が築かれ、豊臣氏の居城および豊臣政権の本拠地となったが、大坂夏の陣で豊臣氏の滅亡とともに焼失した。徳川政権は豊臣氏築造のものに高さ数メートルの盛り土をして縄張を改めさせ豊臣氏の影響力と記憶を払拭するように再建したとされる。その後、幕府の近畿地方、および西日本支配の拠点となった。姫路城、熊本城と共に日本三名城の一つに数えられている。

現在は、昭和初期に復興された天守と幕末期の櫓や門などが現存し、城跡は、国の特別史跡に指定されている。(wikipediaより)

P5211790a P5211791

修学旅行生の他は欧米の観光客がちらほら・・・ほとんどは中国・韓国人の観光客(団体)の様で・・・ウルサイ!もう少し静かにしてくれ!

P5211792 さて・・・清めて・・・

自販機でチケット購入!大人600円

P5211793 P5211794

つづく

|

« 大阪城へ行ったyo! その3 天守閣の前にて・・・ | トップページ | 大阪城へ行ったyo! その5 天守閣内の展示1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪城へ行ったyo! その4 いざ天守閣へ!:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/06/02 09:14) [ケノーベル エージェント]
大阪市中央区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2012年6月 2日 (土) 09時14分

« 大阪城へ行ったyo! その3 天守閣の前にて・・・ | トップページ | 大阪城へ行ったyo! その5 天守閣内の展示1 »