« 濡衣塚~千代交差点 | トップページ | 博龍軒 »

2012年3月31日 (土)

東公園~九大病院

近所をぶらついてきました・・・かなり歩いて筋肉痛 編 7

まだまだ歩く!誰が何と言おうと歩き続ける!

P3280878 P3280879

東公園入り口と、その横にある福岡市民体育館。この体育館は子供の頃、剣道の試合で良く来たもんだ・・・・

向かいの公園にあった・・・

P3280881 松原水

P3280880 P3280882

明治初期 まだ井戸水を利用していたころ、博多部の井戸は水質に恵まれず、そのため飲料水は当時の那珂郡千代部一帯 現在の博多区千代付近に続く松林(千代松原)の
砂地から汲む井戸水を運んでまかなわれていた。これも次第に立て込む人家の家庭汚水で利用出来なくなってきた。そこで明治29(1896)年福岡市は、飲料水確保のため千代村堅粕(現在の博多区東公園)の東公園内の国有地約1アールを年間1円8銭で借り受け、工費50円で市設の井戸を掘った。これが『松原水』の起こりである。(福岡散歩道より)

ここは剣道の試合の休憩時間に見た記憶がかすかにある様な・・・無い様な・・・

大学通りを通ると・・・九州大学病院の正門が見えて来た・・・

P3280883

この門も・・・歴史があるんだろうなぁ~

P3280884_2 P3280886_2

(左)新病棟とカール・ミレス作「神の手」の像。ちなみカール・ミレスと神の手は・・・こんな紹介がありました。

カール・ミレス
スウェーデン生まれ。1945年にアメリカ国民に移籍。芸術を学びに、パリのオーギュストロダンのアシスタントのひとりとして働いた。ロダンの印象派的な影響を受け、その後中世から古代ギリシャの表現的手法を取り入れた幻想的な独自の個性を超越した作品は世界中で見られる。「神の手」は世界の至宝といわれる晩年の作品。(ミュージャム.jpより)

P3280887 正門横の小屋

こちらも古い建物のようです。詳しい人がいたら、教えてプリーズ!

更に大学通りを歩く P3280888_3

つづく

|

« 濡衣塚~千代交差点 | トップページ | 博龍軒 »

福岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東公園~九大病院:

« 濡衣塚~千代交差点 | トップページ | 博龍軒 »