« ぴろQの博多ぶらぶら その32 完結編 | トップページ | DVDラックが・・・ »

2011年12月18日 (日)

シン・レッド・ライン

The_thin_red_lineBSプレミアム BSシネマ 原題:The Thin Red Line

1998年作品。太平洋戦争時、ガダルカナル島を舞台にした米兵の群像劇。米兵それぞれの思いが、ナレーションと美しいジャングルの映像や回想シーンで綴られる様は、戦争映画にしては、あまりに詩的で情緒的な印象。そこが映画祭で高く評価された要因であろう・・・と言うのは想像がつくが・・・個人的には・・・戦争映画は、感傷的な雰囲気に浸る物ではなく、もっと狂気に満ちていた方がリアリティがあって好きだなぁ・・・。日本兵の描かれ方にも賛否両論があるようで・・・

7点/10点満点中

【104本目】

|

« ぴろQの博多ぶらぶら その32 完結編 | トップページ | DVDラックが・・・ »

DVD」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101974/53490853

この記事へのトラックバック一覧です: シン・レッド・ライン:

« ぴろQの博多ぶらぶら その32 完結編 | トップページ | DVDラックが・・・ »