« 調子こいて・・・ | トップページ | トムヤム ビーフン »

2011年6月 8日 (水)

プレデターズ

Predators 原題:Predators

2010年作品。あ~あ・・・こんなの作らなきゃ良かったのに・・・やっちゃった~・・・って感じ。まずミスキャスト・・・戦場のピアニストが屈強な元アメリカ軍人の傭兵役。設定は無理があると言うより、強引すぎるし・・・日本人のヤクザが出てくるのも意味不明(多分、チャンバラシーンが撮りたかっただけと思われる)。

物語は想像つく展開で何ら新鮮味が無い。一作目でシュワルツェ・ネッガーが肉弾戦であれだけ苦労したのに、”戦場のピアニスト”如きが、いとも簡単にやっつけてしまったら、プレデターが弱々しく感じてしまう。この程度で往年のファンや一般の観客は楽しむだろう・・・と思っている製作者の神経を疑う。主役のエイドリアン・ブロディはもっと仕事を選ぶべきである。

4点/10点満点中

【39本目】

|

« 調子こいて・・・ | トップページ | トムヤム ビーフン »

DVD」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101974/51882035

この記事へのトラックバック一覧です: プレデターズ:

« 調子こいて・・・ | トップページ | トムヤム ビーフン »