« あけましておめでとう!! | トップページ | 入金完了! »

2011年2月 3日 (木)

メトロポリス

Metropolis BS2 衛星映画劇場 原題:Metropolis

1927年ドイツ作品。フリッツ・ラング監督のサイレント・SF映画の古典。1984年のジョルジオ・モロダープロデュースのリバイバルを伝説のミニシアター「テアトル西新」で見た事がありましたが、内容はすっかり忘れていました。^^;

確か'84年版は無理矢理な着色と当時流行っていたポップス&ロックをサウンドトラックにしたおかげで・・・良く言えばキッチュ・・・悪く言えば安っぽい作りに仕上がっていた・・・と言う印象が強かった。(確かフレディーマーキュリーのソロアルバム「Mr.Bad Guy」とQUEENの「The Works」が重なったので当時の彼らのLIVEやPVにはよくつかわれていたのを覚えています。)

今回、鑑賞したヴァージョンは、オリジナルを尊重した修復版の色合いが強くBGMも壮大なフルオーケストラで物語に重みを持たせていてスチームパンクな世界観や物語に感情移入がしやすかった。ラストシーンは涙が出たよ・・・それにしても、1世紀近くたつのに・・・見事に未来世界とその社会制度まで予見しているのには驚かされた。

8点/10点満点中

【14本目】

|

« あけましておめでとう!! | トップページ | 入金完了! »

DVD」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101974/49921429

この記事へのトラックバック一覧です: メトロポリス:

» メトロポリス [RE940の自作DVDラベル]
1927年 ドイツ 150分他  監督:フリッツ・ラング 出演:アルフレート・アーベル ブリギッテ・ヘルム グスタフ・フレーリッヒ フリッツ・ラスプ ルドルフ・クライン=ロッゲ  ドイツのウーファ社が製作した、サイレント時代の後期を飾るSF大作。2026年の大都会メトロポリスを舞台に、ひと握りの支配者と彼らに抑圧される民衆の姿を対照的に描く。ロボットのごとく働かされる地下工場の労働者の娘が、社長の息子に悲惨な現状を説く。それを知った社長は、娘を監禁、彼女そっくりの人...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 23時04分

« あけましておめでとう!! | トップページ | 入金完了! »