« 父親たちの星条旗 | トップページ | 景福宮2 集玉斎 »

2011年2月21日 (月)

景福宮1 香遠亭~乾清宮

2011年ソウルの旅 13

国立民俗博物館の横、広大な敷地に景福宮があります。

景福宮(けいふくきゅう、경복궁、キョンボックン)は、朝鮮王朝の王宮。現在の大韓民国のソウル特別市にある。
李成桂により1395年に現在の大韓民国ソウル特別市鍾路区世宗路1-56に置かれた朝鮮王朝の王宮である。近代では、大日本帝国に併合された後に朝鮮総督府の庁舎が置かれた。大韓民国が建国された後は、敷地の一部に大統領官邸(青瓦台)が置かれている。現在は景福宮の中心部に1867年に興宣大院君によって再建された勤政門や勤政殿などが現存し、建物の復元事業が行われている。(Wikipediaより)

チケット売り場にて入場料3,000Wを払って、いざ入場。まず目を引いたのは香遠亭。

P2141334

池はカティンコティンに氷っています!

歩いていると・・・韓国の王宮の建物には珍しい・・・木目調の素朴な建物がありました。リーフレットによると王室の休息地、乾清宮と言う建物だそうです。

P2141337

ここが本当に大韓民国の首都ソウル都心なのか?・・・ってくらい

P2141338 静かです。

オンドル用煙突P2141339

つづく

|

« 父親たちの星条旗 | トップページ | 景福宮2 集玉斎 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 景福宮1 香遠亭~乾清宮:

« 父親たちの星条旗 | トップページ | 景福宮2 集玉斎 »