« マッハ!弐 | トップページ | 姪っ子よ、ありがとう! »

2011年1月 7日 (金)

チャーリーとチョコレート工場

Charlie_and_the_chocolate_factory

原題:Charlie and the Chocolate Factory

2005年作品。またまた児童文学の映画化かぁ・・・まぁ・・・公開当時、話題になってたから見ておこうか・・・って位、軽い気持ちで鑑賞しました。しかし・・・さすがティム・バートン監督作品!オープニングから彼のシュールで独特な色彩の世界にハマってしまった。ジョニー・デップ演ずる天才ショコラティエ、ウィリー・ウォンカは、かなりぶっ飛んでいるし、幸運にも金色のチケットを引き当てた5人の子役もキャラが立っていてよろしい!(テラビシアにかける橋のアナソフィア・ロブはかなり嫌味な役で登場!)悪夢に出て来そうな・・・・無表情な小人”ウンパルンパ”のミュージカルシーンも毒が効いていて笑ってしまった!!「2001年宇宙の旅」や「サイコ」などのシーンが挿入してあったのも、なんだか嬉しかったね!この手の映画は子供向けと思って、なめていたら時々ガツンとやられるので侮れない!点数は文句なし!

9点/10点満点中

【5本目】

|

« マッハ!弐 | トップページ | 姪っ子よ、ありがとう! »

DVD」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101974/50481010

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリーとチョコレート工場:

« マッハ!弐 | トップページ | 姪っ子よ、ありがとう! »