« 長崎バイオパークへ行ったyo! 15 | トップページ | 長崎バイオパークへ行ったyo! 16 »

2010年11月22日 (月)

カールじいさんの空飛ぶ家

Up 原題:UP

2009年作品。ピクサーの長編アニメ第十作にして初の3D作品として公開されたのも記憶に新しい。最愛の妻を亡くした孤独で頑固な老人が、自分の家に風船をつけて、伝説の滝「パラダイスフォール」を目指す。ラッセル少年や犬のダグ、ケヴィンと名付けられた伝説の鳥を巻き込んで大冒険。評判通り・・・プロローグは非常によく出来ていて、セリフがほとんどない中、主人公のカールと妻エリーの出逢いから死別までが見事に描かれていた。本編に入って、あまりに頑固なカールじいさんにイラッとしますが・・・次第に心開いて行く展開に感動・・・エリーの言う”冒険”の意味を知るシーンでは涙がこぼれてしまいました。どのキャラクターも決して格好良くない・・・ダメダメな設定ですが・・・妙に感情移入できるのが、さすがピクサーマジックと言うのかな・・・。

DVDには、サイドストーリーの「ダグの特別な1日」と言う短編が入っていて、合わせてみると面白い!

8点/10点満点中

【170本目】

|

« 長崎バイオパークへ行ったyo! 15 | トップページ | 長崎バイオパークへ行ったyo! 16 »

DVD」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101974/50047524

この記事へのトラックバック一覧です: カールじいさんの空飛ぶ家:

« 長崎バイオパークへ行ったyo! 15 | トップページ | 長崎バイオパークへ行ったyo! 16 »