« いのちのたび博物館へ行ったよ! その13 最終回 | トップページ | トゥルー・ヌーン »

2010年10月17日 (日)

タハーン ~ロバと少年~

Tahaan BShi NHKアジア・フィルム・フェスティバル

2008年インド作品 原題:TAHAAN:A BOY WITH A GRENADE

インドとパキスタンが、長年その領有権を巡って争いの絶えないカシミール地方のお話。一匹のロバを巡って8歳のタハーン少年が、知らず知らずのうち紛争に巻き込まれていく。インド映画と言えば・・・かの名作「ムトゥ踊るムハラジャ」の様な・・・歌と踊り・涙と笑い・・・そしてアクション・・・ごちゃまぜ映画の印象が強いですが、本作は子供目線で淡々と戦争の現実を描いています。監督さんはミュージックビデオのカメラマン出身の人だそうで、編集は荒削ですが、撮影が素晴らしい。

やっぱり子供と動物には敵わないなぁ・・・卑怯な手を使いやがって・・・と思いながら最後には薄っすらと目に涙が溜まってしまいました。

8点/10点満点中

【150本目】

|

« いのちのたび博物館へ行ったよ! その13 最終回 | トップページ | トゥルー・ヌーン »

DVD」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 お邪魔します。矢張りタイの文化的ルーツの国、「タハーン」と言いますとタイ語で「軍隊」を意味します。同音異義語ですネ。

投稿: Dr.奴隷 | 2010年10月18日 (月) 23時07分

>DR.奴隷さん
本作では「タハーン」は人物名で深い意味は持っていませんでしたが・・・近隣国なら、そういう解釈もあるかもしれませんね。勉強になります!

投稿: ぴろQ | 2010年10月18日 (月) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101974/49596836

この記事へのトラックバック一覧です: タハーン ~ロバと少年~:

« いのちのたび博物館へ行ったよ! その13 最終回 | トップページ | トゥルー・ヌーン »