« Puiくんに電話してみた。 | トップページ | Puiくんの無事を祈って・・・ »

2010年10月11日 (月)

パプリカ

Paprika BS2 アニメ映画劇場 追悼 今敏監督

2006年作品。筒井康隆原作。先日(8月24日)急逝した今敏監督作品。初見。夢を共有する機械(DCミニ)を使って患者の治療をするサイコセラピストと、その機械を使って夢を支配しようとする者との物語。一見、マトリックスの様なバーチャルリアリティな世界観も感じたが、昔のダグラス・トランブル監督作品「ブレイン・ストーム」を思い出した。今の実写日本映画では絶対映像化が不可能な悪夢の連続や狂気のパレードをアニメーションという手法を使って映像化、実験的で印象的なシーンが多くて興味深かったけど・・・なんせ小難しい感じがして個人的には受け入れにくかった。点数辛め。

7点/10点満点中

【149本目】

|

« Puiくんに電話してみた。 | トップページ | Puiくんの無事を祈って・・・ »

DVD」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101974/49655641

この記事へのトラックバック一覧です: パプリカ:

« Puiくんに電話してみた。 | トップページ | Puiくんの無事を祈って・・・ »