« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の記事

2010年10月31日 (日)

Happy!Happy!Halloween!! 2

なんにせよ・・・こんな奴らがぞろぞろと・・・

Imagescazt1atv

やってきて・・・お菓子をくれないと悪戯するぞ!とか言われたら・・

Halloween_dog2

嫌よねん!

Happyhalloween2

では・・・今年もやっぱりあのバンドの曲を貼っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy!Happy!Halloween!! 1

今夜はハロウィーン!でも私はパーティーなど無縁・・・仕事です。毎年この晩になると・・・思いだします。今夜は・・・エリオット少年が研なおこ似の生き物と、日本の桑原商会製の自転車で空を飛んだ日・・・

Et01_b

Imagescanhuiar

そして・・・ブギーマンが人を殺しまくった日・・・

Halloween_1978_580x834_514190

探していたら・・・こんなパロディもありました・・・

717541_721d_625x1000 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぴろQ今月の一本!(10月)

今月はせっかく福岡市総合図書館、映像ホール シネラにてタイ映画祭があったにもかかわらず、結局鑑賞できたのは全14本中わずか4本。しかし、全体では20本と結構見ていました。その中で、選んだのはこの一本!

Moviepostercontact

見直して、改めて思いましたが・・・・科学者が原作者とあって、リアルな科学考証と、主人公の生い立ちに絡んだ人間ドラマが上手く重なり合った、なかなか良く出来た作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーンハンター  

The_moonhunter タイ映画祭 映像ホール・シネラ

原題:14 ตุลา สงครามประชาชน 英題:The Moonhunter

2001年作品。タイの民主化学生活動家セークサンの物語。1973年の学生デモから始まり76年~80年までのカンボジア領内のタイ共産党のキャンプでの潜伏生活が主な話になる。タイの近代史を(多分)本物のニュース映像を交えながらリアルに追っていくのですが・・・当時のタイの社会背景などに疎い私にとっては・・・実に退屈な内容でした。もう少し勉強して鑑賞すれば、感想も変わったかもしれません。

6点/10点満点中

【160本目】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

何かに似てる・・・

でも・・・何かはわからない・・・「タムくんアニメ」のこのキャラ!

Img40fe4abcye3ehc Tamkun

誰か教えて!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミー・マイセルフ 私の彼の秘密

Memyself01 タイ映画祭 映像ホール・シネラ 

原題:ขอให้รักจงเจริญ 英題:Me...Myself

2007年作品。甥の面倒を見ながら広告代理店に勤める主人公のOLウム、恋人に振られ、傷心のうち車を運転中、男性を轢いてしまう・・・男性は記憶を失い引き取り手の無いままウムとの奇妙な生活がはじまる・・・・。以下ちょっとネタばれかも・・・

前半は非常に良いテンポで話が進んで登場人物に感情移入できるのですが、素性がわかってくる頃から、中弛みするのが残念。リーフレットでは「意外なラストは、タイならば現実にあり得る物語である」とありますが、私個人としては、そう言うタイ人の友達を持っているので意外でも何でもありませんでした。それより・・・あれだけ開放的で理解のあるタイの社会に未だに差別が根強く残っている方が意外でした。点数はちょっと甘め・・・

8点/10点満点中

【159本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

あれ~?

Tamori 髪切った?

・・・あ!・・・そう言えば・・・

68762_457034540856_579140856_599670 Jennifer Politanontさん Getting my hair cut !!

10月15日17:37 iPhone用Facebookから · コメントする ·いいね!いいね!を取り消す · コメント等を見る(7件)コメント等を非表示にする(7件).

とかFacebookで言ってましたが・・・

うん!可愛い!・・・と言うか・・・格好良い!!

66992_458783255856_579140856_602613 67294_461062395856_579140856_606606

74095_461363900856_579140856_607065

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世の中広いようで狭い!

昔・・・福岡のタイレストランでウエイトレスさんに、「東京でLIVEがあったんだよ~ん」とか言ってジェニちゃんのサイン見せたら・・・なんと、その子は、ジェニちゃんの幼なじみだった・・・と言う嘘みたいな偶然がありましたが・・・その時の様子はここ

そして・・・今回も驚くべき偶然がありました!

先日、福岡市総合図書館・映像ホールシネラでタイ映画「早春譜」(原題:เพราะอากาศเปลี่ยนแปลงบ่อย 英題:Seasons Change)を鑑賞、感想をアップしていましたが・・・

それを見たアメリカ在住の従姉妹のPUGさんからメールが来まして・・・

出演者、唯一の日本人俳優、矢野かずき氏・・・なんと熊本県荒尾市出身で、PUGさんの高校時代の同級生だそうな!!びっくりです!!

矢野氏は劇中でのコメディー部分を担当していて・・・更に主人公が進路を決める際の重要なキーパーソンとなる・・・作品の出来・不出来を左右する大切な役柄を見事に演じ切っていました。

Yk

確かに、映画のリーフレットには「ボランティアでタイに渡り、そのまま住みついた」とありましたが・・・偶然見たタイ映画の出演者が、まさか九州(福岡のお隣・熊本県荒尾市)の出身で、従姉妹の同級生だったなんて・・・なにか縁の様なものを感じます・・・

矢野氏は、かの歴史大作「キングナレスワン」の第2部と今後製作予定の3部にも山田長政役で出演・・・今後も目が離せません!!

矢野かずき氏のBlog Art toPeople

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

ホリデイ

The_holiday BS2 衛星映画劇場 原題:The Holiday

2006年作品。公開当時、香港在住のケロロさん(元気かなぁ・・・)からお薦めの作品で、先日BSで放送されたのを録画して見ました。クリスマス休暇の2週間を、それぞれ傷心の・・・LAに住む女性とロンドンに住む女性が入れ替わって過ごす・・・と言った内容のロマンティックコメディー。本作を好きな人には失礼!毎回の事ながら・・・私はこの手の作品が苦手なのを改めて確信しました。先回のタイ映画「早春譜」位の年齢の人たちならまだわかるけど、いい年こいた大人が、あの人が好き~この人が好き~で振り回されているのは理解に苦しむ。鑑賞中・・・そんなに上手くいくかー!と突っ込みを入れたくなる事、度々・・・いまどきの女子はこんなのを見て、運命の出逢いなるものを妄想して、共感してるのかなぁ・・・おめでたいな。

6点/10点満点中

【158本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この動画を探してた!!

カラバオ兄さんの陽気な歌声で"Wellcome to THAILAND"とか言われると・・・また行きたくなっちゃいますよね~^^

Cb タイのビアチャーンのCM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

早春譜

Seasons_change タイ映画祭 映像ホール・シネラ 

原題:เพราะอากาศเปลี่ยนแปลงบ่อย 英題:Seasons Change

2006年作品。「フェーンチャンぼくの恋人」の6人の監督の一人、ニティワット・タラートーン氏の単独初監督作品。父親に内緒で、憧れの女の子と同じ音楽専門学校に入学してしまった男の子の物語。まぁ・・・保護者に内緒で・・・という時点で、ありえんやろ!って突っ込むのは置いといて・・・英題の”Seasons Change”の様・・・四季の移り変わりの様に変わり続ける若者の心を爽やかなタッチで描いていました。この手の青春映画にはありがちな、淡い三角関係も良かった!タイの青春映画と言うと、ちょっと内気な男の子が、活発な女の子に翻弄される・・・みたいなのが多い気がするね。

日本人俳優、矢野かずき氏が見事なコメディーリリーフを演じている。そう言えば・・・「フェーンチャン」に出ていたジャイアンみたいな役所の男の子も美味しい所で出てましたね!点数はちょっと甘めです。

8点/10点満点中

【157本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

タムくんアニメ(イエロー・グリーン)

TagTay_2タイ映画祭 映像ホール・シネラ

2006年作品。日本にも在住経験のある漫画家ウィスット・ポンミット氏のアニメの短編集。最初は、なんじゃ子供の落書きか?と言うレベルの絵に退屈するか・・・と思いきや・・・徐々にほのぼのとした、少女アムアンと愛犬マナオの世界に引き込まれていった。しかし、時々、子供に見せるにはあまりに残酷な表現もあったりして、この辺が日本とタイの感性の違いと言いましょうか・・・。日本のギャグ漫画に登場しそうなキャラクターも出てきて、やっぱり日本漫画の影響の強さを感じました。

イエロー「マムムアンとマナオ」「女子学校」「マーマー」「はっぱ」「車」「ボールを投げる」「インストバンド」グリーンは「雨」「歌手」「親友」「ヘア」「歯医者」「電気」「ボクサー」「sand dunes」

7点/10点満点中

【156本目】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

彼女の一日も早い回復を願う。

昔・・・初めて台湾へ行った当時、デビュー直後で・・・ずっと気にかけていていたら・・・あれよあれよのうちにトップアイドルに上り詰めた台湾の女の子3人組、S.H.EのSelinaが・・・大変な事になっていました。

S.H.EのSelinaが撮影中に大やけど、身体の50%焼き皮膚移植も―上海市(Record China - 10月24日 17:35)

31_201010240090000thumb

2010年10月23日、人気ガールズユニットS.H.EのSelinaが22日午後、上海でドラマ撮影中に大やけどを負い病院へ搬送された。聯合新聞網が伝えた。

S.H.EのSelinaは22日午後4時ごろ、上海でドラマ「我和春天有個約会」撮影中、セットに置かれていた爆薬が急に爆発したことで大やけどを負い、病院に搬送される騒ぎに。相手役の人気若手俳優・兪●明 (ユー・ハオミン)(●=さんずいに景+頁)も同じく被害に遭い、それぞれ身体の40~50%を焼くほどの大ケガを負っている。

23日、S.H.Eの所属レコード会社・華研唱片(HIM)の重役・蔡伶俐氏が、Selinaが搬送された上海市内の病院でメディアに対応。やけどの状況は、背中や四肢が真皮層まで届く「第3度」と診断されており、皮膚の移植手術が必要になるという。また、移植を台湾で行うかについては検討中と話していた。

姉妹のように仲良しで知られるS.H.Eだけに、残るメンバーHebeとEllaの驚きとショックは相当なもの。台湾でそれぞれソロの仕事があるため上海へ駆けつけられないが、公式サイトにすぐコメントを発表し、「どうかSelinaのために祈って」とファンに呼びかけている。(翻訳・編集/Mathilda)

----------------------------------------------------

大変でしょうが、日本語をフューチャーしたデビューアルバムのこの曲を聴きながら、彼女の回復を願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

RKBラジオまつり 2010 その3

RKB放送会館に入ると・・・ももピ・・・

Pa240355

そして・・・TBSが社運をかけて挑む・・・あの映画の巨大パネル!

Pa240356

「2010年はヤマトイヤーになる」とか言って、正月から鳴り物入りでCM打っていましたが・・・今年も後2カ月余り・・・どうなっているんだ?

駐車場でも屋台や企業ブースがいっぱい!

Pa240357 先に進むと・・

もうひとつのステージで、ド演歌を歌っていました。

Pa240358

ステージは小さいけど、こっちの方が客の入りが良い!山内恵介なる歌手みたい・・・と言う訳で・・・賑々しく開催されておりました。

Mainbak この後、福岡市総合図書館へ戻り、タイ映画祭本日2回目の上映「早春譜」を鑑賞。帰りの車の中で、堀内孝雄(exアリス)が歌っているのを聞きました。もう一回会場に戻って見れば良かった。

おしまい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RKBラジオまつり 2010 その2

ステージの上では演奏中・・・

Pa240346

各企業ブースも沢山出店していて・・・いるいる・・・色んな奴ら・・・

子供だって、うまいんだも~ん・・・と、何がでるかな・・・と・・・

Pa240345 Pa240354

出た!!!めし丸!!

Pa240359

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RKBラジオまつり 2010 その1

24日(日)福岡市総合図書館から歩いて数分・・・偶然立ち寄った、百道浜のRKBでラジオ祭りをやっていました。歩いて行くと・・・とても賑やかです・・・

Pa240340_2 Pa240341

ゲートの後ろには1989年に催された「アジア太平洋博覧会・よかトピア」の名残・・・

Pa240342  ヒンズー教の神々

ゲートをくぐると・・・あいにくの天気なのに凄い人・・・

Pa240344

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

らーめん やっさん

市民図書館でタイ映画祭を見に行った際、1回目の「タムくんアニメ」が終了後、2回目の「早春譜」まで時間があったので、近所のTNC放送会館のレストランへ行った。ここって日曜日休みの店舗が多いんですね・・・結局、3階のラーメン屋さんへ入りました。

Pa240348

ピリ辛とんこつラーメン(600円)注文。

Pa240347

具は煮玉子、ネギ、チャーシューとシンプル。何かトッピングすれば良かった。お味の方は、とんこつにしてはあっさり系かな・・・個人的には、もっとギドギドしたこってりんこの方が好みです。・・・しかし・・・どっかで食べた味だなぁ・・・どこだろう?

------------------------------------------------

おまけ

お隣はスタジオ見学ツアーの入り口・・・キャラクターと記念撮影もできます。

Pa240349 名前なんだっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡市総合図書館へ行ってきたよ!

福岡市総合図書館、映像ホール・シネラにて、10月6日より開催中のタイ映画祭。なかなかスケジュールが合わなくて一度も行けて無かったんですが、やっと今日、時間ができたので行ってきました。

Pa240337

せっかくの日曜なのに、朝からあいにくの雨・・・しかも土砂降り・・・。図書館の駐車場は満車で大行列だったので、近くのコインパーキングに止めました。

Pa240338 Pa240339

正面玄関から入って左奥が映像ホール・シネラです。初めて来ましたが、なかなか良いホールですね!今月末にまた、スケジュールが合いそうなので来たいと思います。本日は「タムくんアニメ」と「早春譜」です。感想は後日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴジラvsキングギドラ

Godzilla_vs_king_ghidora_2 東宝特撮映画DVDコレクション28

英題:Godzilla vs. King Ghidora

1991年作品シリーズ18弾。ゴジラと言うモンスターとタイムトラベルを融合したのがマズかった・・・。こりゃ酷い・・・。次から次へと出てくるタイムパラドックスと、ご都合主義の展開。当時の製作者はこれで観客が満足するとでも思ったのだろうか?思っていたのなら、観客をなめている。ドラッドなる子供向けキャラクターを登場させるあたりも、昭和ゴジラが観客に飽きられて衰退の道を辿るのを予感させてくれる。BTTFやらT2で見た事あるようなシーンを適当にパクって、安直に作った印象が非常に強い。84ゴジラ~vsビオランテで、惜しい所まで来たゴジラの復活をどん底に叩き込んだ大森監督の功罪は大きい!東宝60年記念作品にしては、あまりにお粗末。唯一、手抜きでしたがキングギドラが福岡を壊したのだけは評価する。

5点/10点満点中

【155本目】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

僕たちのキックオフ

A_little_ground_for_play_2 BShi NHKアジア・フィルム・フェスティバル

2008年イラク・クルディスタン地域・日本(NHK国際共同製作作品)合作 原題:Kick Off

フセイン政権崩壊後のイラク・キルクークが舞台。家を失い競技場に住みついた人々の物語。全体的にモノクロ調に統一された色調と、連続したシーンなのにコマを落として編集していたり、時折シュールな画像を挿入したり・・・かなり凝った演出です。自爆テロが続く毎日に、平和を渇望する人々の心と、地雷を踏み片足を失った上自殺願望がある主人公の弟・・・そして主人公がたどる悲惨な結末に、イラクの現実を突きつけられた感じがした。かなり重かった・・・

7点/10点満点中

【154本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

コンタクト

Contact BShi ハイビジョンシネマ 原題:Contact

以前DVDで鑑賞済み。その後、'08年にBS-i(現在のBS-TBS)で放送された分を短評していますが、ばっさりカットされていたので辛めに評価していました。

以下ネタばれ注意!改めて見直してみると・・・前半~中盤のサスペンスも良いが、中~後半・・・現実に宇宙人とコンタクトを取るにあたって起こりうる事態をあらゆる角度から想定しているのが面白い!

本作で主人公の天文学者エリナーが体験する異星人との接触は・・・彼女の生い立ちや体験に絡んだ・・・言わば「臨死体験」に近いものであり「主人公にしか判らない事」として演出してあるが上、若き宗教家を絡ませたりしたのかな・・・等とおもいましたが、最後で”実は・・・事実ではないか?”と思わせる演出もあるあたりSF的な深みがあって良い。アメリカの科学番組「コスモス」を見た世代の私にとって、原作者のカール・セーガンの優しさが伝わる一本でした。あ・・・あと・・・いつもの事ながらハリウッド映画にありがちな、トンデモ日本(北海道)と、胡散臭いけど、ハッデン氏の存在感が良かったね!(笑)

8点/10点満点中

【153本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

すっかり、秋ねぇ~

秋と言えば・・・

読書の秋・・・

A060923reading

食欲の秋・・・

Tumblr_koo0qubi021qz53a0o1_500

・・・そして・・・芸術の秋・・・

Elephant

・・・と言う事で・・・

10月23日から福岡市美術館で開催される「シャガールーロシア・アヴァンギャルドとの出会い~交錯する夢と前衛~」展のチケットをもらいました。ラッキー!時間を見つけてじっくり鑑賞してきたいと思います。

Pa210336

開催期間は10月23日~来年1月10日までですが・・・調べたら企画展示室で以下ような展示があるので、この期間に行くのが良いかも・・・↓

シャガールの版画
2010年11月2日(火)-12月26日(日)

Shag2b 版画家としても多くの名作を生んだマルク・シャガール(1887-1985)。「シャガール-ロシア・アヴァンギャルドとの出会い」展にちなみ、福岡市美術館が所蔵するこの画家の版画作品を展示します。

福岡市美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

東宝特撮映画DVDコレクション28

昨年10月に創刊以来・・・いつやめようか・・・と思いつつ、定期購読をせずに本屋に通って買い続けた、このシリーズ!ついに後半戦に突入しました!

Pa200334

前半戦で昭和の特撮映画を多く出してしまっているので、後半は平成作品が多いのがちょっと心配ですが・・・今の所、コンプリートする気満々です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

今年も撃沈にて・・・

ホークス終了!

Gekichin2_2

やっぱり短期決戦に弱いね・・・。来年は川崎選手もいなくなるようだし・・・次のリーグ優勝はしばらく先になりそうやね・・・。まぁ・・・でも良い夢見させていただきました。おつかれさんでした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンドロメダ・・・

The_andromeda_strain BShi ハイビジョンシネマ

原題:The Andromeda Strain

1971年、ジュラシックパークのマイケル・クライトン原作小説ををウエストサイド物語・サウンドオブミュージックの巨匠、ロバート・ワイズ監督が映画化。ウン十年ぶりに見ました。未知の病原体に汚染されたアメリカの田舎町へのカプセル回収の様子や、農業研究所を装った地下の研究所の様子・・・特に5段階に分けた厳格な防疫手順や、遠隔操作による病原体の解析など・・・かなり凝った設定と演出に、40年近くたった今見てもリアリティを感じる。アンドロメダ病原体を突き止めるまでの過程が、古いコンピューターの映像と説明的なセリフのやり取りが多いので地味な印象ですが、当時としては良く頑張ったと思います。

8点/10点満点中

【152本目】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

光っている・・・

じぇ・・・じぇにちゃんが・・・

光っている!!

68762_457034540856_579140856_599670

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トゥルー・ヌーン

True_noon BShi NHKアジア・フィルムフェスティバル

英題:TRUE NOON

2009年タジキスタン作品。ある日突然、ソビエト連邦崩壊によって国境線が引かれたタジキスタンの山村の物語。ロシア人の観測所・所長と、結婚を控えた助手の話が柱となる。何せ19年ぶりのタジキスタン長編映画製作とあって、古い機材を使ったのだろう・・・相当の苦労が感じられる。ある日突然、国境が引かれた人々の心の動揺や生活の不便さは良く出来ているが、全体的な作りの粗さは否めなかった。特に、道路の舗装もされていないど田舎で、いきなり手製の金属探知機を作るあたりのリアリティの無さにはズッコケた。テーマは良いのだけど詰めが甘い印象・・・それでも2010年アジアンフォーカス福岡国際映画祭・福岡観客賞も受賞したそうな。点数辛め。

6点/10点満点中

【151本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

タハーン ~ロバと少年~

Tahaan BShi NHKアジア・フィルム・フェスティバル

2008年インド作品 原題:TAHAAN:A BOY WITH A GRENADE

インドとパキスタンが、長年その領有権を巡って争いの絶えないカシミール地方のお話。一匹のロバを巡って8歳のタハーン少年が、知らず知らずのうち紛争に巻き込まれていく。インド映画と言えば・・・かの名作「ムトゥ踊るムハラジャ」の様な・・・歌と踊り・涙と笑い・・・そしてアクション・・・ごちゃまぜ映画の印象が強いですが、本作は子供目線で淡々と戦争の現実を描いています。監督さんはミュージックビデオのカメラマン出身の人だそうで、編集は荒削ですが、撮影が素晴らしい。

やっぱり子供と動物には敵わないなぁ・・・卑怯な手を使いやがって・・・と思いながら最後には薄っすらと目に涙が溜まってしまいました。

8点/10点満点中

【150本目】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

いのちのたび博物館へ行ったよ! その13 最終回

屋内の展示は一通り終わって、屋外へ出ると立派な農家が再現。ここは体験学習の出来る文化学習園と言うエリアで、丁度遠足の子供向けに「小倉織」の実演をやっていました。

Pa120329

Pa120332 ここも芸が細かい

Pa120330 Pa120331

この他にも屋外にはちょっとした畑?何かを栽培している所があったり、屋内には展示内容が変わる小さなコーナー展示もあったり・・・盛りだくさん!通常展示が500円でこのボリューム・・・ひょっとしたらスペースワールドより面白いかもしれない!好きな人は一日遊べます!!

最後は階段のスロープにあった黒崎祇園の山車

Pa120333 ・・・と言う事で・・・

いつか、また遊びに来たいと思いました。

おしまい。

-----------------------------------------

いのちのたび博物館 HP

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仁王像から・・・これはALWAYSか!??

いのちのたび博物館へ行ったよ! その12

中世~近世の歴史の展示で突然現れる仁王像も迫力!

Pa120311 Pa120312

Pa120314

昔の遠賀川に水路を作って石炭を運んだそうな・・・ふぅ~ん・・・

昭和30年代の社宅を復元 3丁目の夕日の世界・・・

Pa120316 Pa120318

Pa120319

Pa120322 Pa120323

Pa120325 Pa120324

細かい所まで再現してあります!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然「山車」~竪穴式住居

いのちのたび博物館へ行ったよ! その11

Pa120305

いきなり登場!小倉・戸畑祇園の山車!地球の誕生から恐竜が闊歩する太古の北九州から一気に現代へ引きづり込まれます・・・

ここからは先史~現代までの北九州の歴史の展示になります。

突然、登場する竪穴式住居。

Pa120306

Pa120307 Pa120308

そこで暮らす人と、おぬきゅんきゅん!

Pa120310

遺跡から発掘された道具などの展示も充実。このエリアだけでもちょっとした歴史博物館位の量があります。

つづく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

3階から眺める・・・

いのちのたび博物館へ行ったよ! その10

生命の多様性館の3階から見下ろす・・・3階の壁沿いにもびっしり鳥や昆虫の剥製や標本が展示してあってかなり見応えあります。

Pa120301

奥に入った所に「自然発見館」なる展示がありまして・・・北九州の自然の地形を再現、そこに生きる動物たちが展示されています。

Pa120300

壁沿いに歩くと、1階のアースモールが一望できます。

Pa120302

ふと横を見ると・・・

Pa120303 翼竜・・・

一番手前からアースモールを見渡す・・・

Pa120304

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンバライマ館(白亜紀ゾーン~リサーチゾーン) part3

いのちのたび博物館へ行ったよ! その9

しっかしまぁ・・・このマメンチサウルスのロボットは大きい!

Pa120286

Pa120288 Pa120292

水を飲む小型恐竜を狙うベロキラプトル

アニマトロニクスを駆使したジオラマはここで終了!恐竜絶滅後の世界は・・・僅か3枚の絵で終わり・・・チャンチャン!

Pa120294

ここで白亜紀ゾーン終了。音声ガイドを返して、いざリサーチゾーンへ・・・

ここは化石の発掘~復元の過程を豊富な資料で解説してくれていますが・・・

これまた量が半端じゃない!

Pa120295

Pa120297 Pa120299

Pa120296

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンバライマ館(白亜紀ゾーン) part2

いのちのたび博物館へ行ったよ! その8

突然、視界が広がって・・・ホールの様なところで、恐竜絶滅のドラマを解説していました。15分おきに解説があっているようです。

Pa120279

Pa120282 Pa120283

太古の北九州で実際にあったであろうドラマが、迫力のアニマトロニクスで再現!

動画の音声を聞けば判ってもらえるでしょうが・・・ここは遠足のガキんちょが多くて、興奮してウルサイ!!もまいらもちつけ!!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

エンバライマ館(白亜紀ゾーン) part1

いのちのたび博物館へ行ったよ! その7

アースモールの横にエンバライマ館(白亜紀ゾーン)の入り口があります。音声ガイドとジオラマを使って太古の北九州の様子がわかるようになっています。

Pa120274

暗いトンネルを歩きながら恐竜の時代へタイムトリップ。

Pa120275 Pa120278_2

私の子供の頃は、恐竜と言えば「血も涙も無い恐ろしい爬虫類」のイメージでしたが、最近の研究では子育てをやっていた”優しい生き物”だったそうです。

Pa120276

大人になって恐竜のジオラマを見て思った事・・・

Pa120285

それは・・・生き物の愛・・・

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生命の多様性館

いのちのたび博物館へ行ったよ! その6

アースモールの一番奥は、さまざまな生き物の剥製標本がある「生命の多様性館」です。

Pa120271

ここの標本の数が半端じゃない!じっくり見るならここだけで数時間かかる!

Pa120272

クマー!

Pa120273

今回はサラっと見て・・・いつの日かじっくり見たいと思います。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽけっとミュージアム

いのちのたび博物館へ行ったよ! その5

アースモールの横には様々なテーマの標本・剥製が展示してあります。その名も「ぽけっとミュージアム」

Pa120250

既に絶滅してしまったフクロオオカミ

人類と生きる動物として・・・可愛いおぬきゅんきゅん(紀州犬)や馬・ロバ・羊などの家畜の剥製標本。

Pa120251 Pa120252

Pa120253

両生類・魚類・甲殻類・昆虫・・・さまざまな生き物の標本があります。

Pa120263 Pa120267

Pa120265

Pa120268 Pa120270

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

恐竜絶滅~現代

いのちのたび博物館へ行ったよ! その4 アースモール

新生代から現在生きている生物の骨格標本と剥製の展示

Pa120255

上)日本にも棲んでいたナウマン象の骨格標本。

Pa120254 Pa120256

Pa120257 Pa120260

巨大なダチョウの様なモアと・・・見上げるとクジラの骨格標本。

Pa120258

そしてマンモスの骨格標本。われわれの先祖はこれを追いかけていたのかな・・・

Pa120259 Pa120261

現代に生きる大型動物の剥製。アフリカゾウなんか見ていると、脈々と生命のリレーは続いているのだと実感しました。本当に見とれてしまって、かなりの時間を費やしてしまった・・・

そして・・・

う~~~~

Pa120262

まんぼー!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永遠の少年の憧れ・・・

いのちのたび博物館へ行ったよ! その3 アースモール

憧れ・・・それはティラノサウルス・・・

Pa120243

Pa120244

私はしばし時間を忘れてその雄姿に見とれていた・・・

Pa120245 Pa120246

Pa120247 Pa120248

上右 図鑑で心踊らされたアンキロサウルスの頭部と尾が・・・

Pa120249

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供の頃の夢との再会・・・

いのちのたび博物館へ行ったよ! その2 アースモール

1階の吹き抜けには巨大な恐竜の骨格標本がずらり!子供の頃、恐竜大好きだった私にとって、思いがけない夢との再会・・・

Pa120231

Pa120232 Pa120234

上右のステゴサウルスと、下右のプロトケラトプスは好きだったなぁ・・・特にプロトケラトプスは犬くらいの大きさだったのが驚きでした。我が家にも一匹欲しい・・・

Pa120236 Pa120239

そして・・・トリケラトプス・・・こんな所にいたのか・・・会いたかったよ・・・

Pa120238

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

いのちのたび博物館へ行ったよ! その1

北九州市立 いのちのたび博物館

北九州市立いのちのたび博物館(きたきゅうしゅうしりついのちのたびはくぶつかん)は、福岡県北九州市八幡東区東田にある市立の博物館で、正式な名称は北九州市立自然史・歴史博物館(きたきゅうしゅうしりつしぜんし・れきしはくぶつかん)である。(wikipediaより)

------------------------------------

2002年開館以来・・・何度も行こうと思っても切っ掛けが無くて、行きそびれていたこの施設・・・ついに今日行ってきました。国道3号線をひたすら北九州へ向かって走る。北九州を代表するテーマパーク「スペースワールド」(←ここもしばらく行ってないなぁ・・・)のすぐ隣に、それはありました・・・

Pa120225 Pa120226

いのちのたび博物館

Pa120227

自然史博物館と言うと・・・昔、オーストラリアのシドニー博物館に行った事がありましたが・・・ここは、それ以来です。入場料常設展示のみは一般500円(安い!) 特別展示も見たので、750円。まずは特別展示を鑑賞。今やっているのは・・・ 

秋の特別展 禅寺広寿山の名宝-小倉にひらいた中国文化の華-

Untitled_2・・・でした・・・

通常展示に入ると、一番に目に飛び込んできたのは、1500年以上たった杉の木の輪切り・・・と石の標本・・・そして巨大な化石・・・

Pa120228

Pa120229 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Puiくんの無事を祈って・・・

Urutora1

去年は豪華客船のシェフとして、ヨーロッパを中心に世界中をまわっていたPuiくんが、今日からアメリカのオーランドへ行ってしまう・・・。寂しいなぁ・・・

P8290220

来年の4月にはバンコクへ戻ってくるようですが・・・元気でいてね・・・

ぴろQ兄ちゃんはいつでも応援しているぞ!それまで忘れてはいけないぞ!ウルトラ5つの誓い!

Urutora2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

パプリカ

Paprika BS2 アニメ映画劇場 追悼 今敏監督

2006年作品。筒井康隆原作。先日(8月24日)急逝した今敏監督作品。初見。夢を共有する機械(DCミニ)を使って患者の治療をするサイコセラピストと、その機械を使って夢を支配しようとする者との物語。一見、マトリックスの様なバーチャルリアリティな世界観も感じたが、昔のダグラス・トランブル監督作品「ブレイン・ストーム」を思い出した。今の実写日本映画では絶対映像化が不可能な悪夢の連続や狂気のパレードをアニメーションという手法を使って映像化、実験的で印象的なシーンが多くて興味深かったけど・・・なんせ小難しい感じがして個人的には受け入れにくかった。点数辛め。

7点/10点満点中

【149本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Puiくんに電話してみた。

Puiくんが明日、アメリカへ出発なので一声掛けたくて・・・国際電話しちゃいました。

6b6938e3a6cac04381b2f3a87a68e813472 ←イメージ図

既に準備も万端!余裕の様子でした。フロリダのディズニークルーズと言う事だけで、詳しい事はわかりませんでしたが・・・私が電話したのを喜んでくれていました。よかった!

また、元気でバンコクで再会したいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュイちゃんから・・・

お友達依頼が・・・

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

タイに行く度に、Puiくんと共に私のサポートをしてくれたジュイちゃんがFacebookを始めたらしく、昨夜、友達依頼が来てました!

P8290219

初めて会った頃は、人目もはばからずPuiくんを叱りつけていたので「気の強い女の子のだなぁ・・・」と思っていましたが、先回、8月末に会った時は、いつもニコニコ穏やかで、以前にも増して可愛らしくなっていました。

明日からPuiくんはアメリカに行ってしまうので寂しいでしょうが、頑張って待つんだぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

キャプテン アブ・ラーイド

Captainaburaed BShi NHKアジア・フィルム・フェスティバル

2007年 ヨルダン作品 原題: CAPTAIN ABU RAED

ヨルダン映画って生まれて初めて見たんじゃないかな。空港の清掃員をやっている孤独な老人アブ・ラーイドがごみ箱で拾った機長の帽子を持ち帰った事で、近所の子供たちに機長(キャプテン)に間違われる・・・と言う所から物語は始まる・・・・。前半~中盤までは老人と子供たちのほのぼの交流物語か?・・・と思わせといて、中盤~後半にかけては、子供たちを取り巻く劣悪な生活環境(家庭内暴力・児童就労)が物語の中心なって、どんより重い感じがする。特にアブ・ラーイドが迎える結末は救いようが無く後味が悪い。主役のアブ・ラーイド役のナディム・サワルハなる役者さんの優しい演技が光っていました。

7点/10点満点中

【148本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

勘の良い方はピンと来ているでしょう・・・

現在ネタ切れ中!

8月末バンコクへ行ってから・・・9月に入ってからと言う物、アジア太平洋フェスやらありましたが・・・ほとんど・・・家→職場→家→時々飲み屋→家→職場→家の繰り返しで・・・日記に出来るほどの出来事がありません。

飲み屋ネタもあるにはあるんですが・・・さすがにここで曝すには問題アリな内容なんで・・・

しばらくは・・・そんな日々の合間を縫って鑑賞した映画の感想が続きます。

124741174042716111836_hattotia にんにん!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃

Photo 東宝特撮映画DVDコレクション27

英題:Godzilla, Mothra and King Ghidorah Giant Monsters All-out Attack

2001年作品。平成ガメラシリーズで高い評価を得た金子修介監督のゴジラ監督作。平成ガメラ同様、怪獣同士の戦いのほか、軍隊(自衛軍)やメディアの動き、被災者の様子など、丁寧に描いてあってリアリティを持たせている。本作のゴジラの設定は、1954年の第一作以来50年ぶりに現れた”太平洋戦争で犠牲になった人々の残留思念”、バラゴン(婆羅護吽)・モスラ(最珠羅)・キングギドラ(千年竜王)は”くに”の守護神・・・となっているのも、平成ガメラっぽい。VFXとミニチュアとのバランスがよく、非常に良く出来ていて、他のゴジラ映画を含む怪獣映画とは一線を画くが・・・この辺が日本の特撮怪獣映画の限界かな・・・とも感じた。平成ガメラシリーズにも出演していた人たちがほんのチョイ役で出てきたりして、その辺を見るだけでも結構楽しいかも!

9点/10点満点中

【147本目】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

今夜、Whiskey Mistにて・・・

MILDと言うバンドのコンサートがある模様!

41571_155931821101949_6980_n せっかくFacebookでお誘いいただいたのに・・・行けるわけ無いやん・・・。だって日本で仕事中・・・。当然ジェニちゃんも来るみたいです。バンコク在住、又は滞在中の方は、せっかくの週末、出かけてみては?

場所:Whiskey Mist (Thonglor 10)

時間:21時~翌2時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デルス・ウザーラ

Dersu_uzala BS2 衛星映画劇場 没後10年 黒澤明特集

露題:Дерсу Узала 英題: Dersu Uzala

1975年黒澤明監督、ソビエト作品。先住民猟師デルス・ウザーラと探検家ウラディミール・アルセーニエフの交流の物語。さすが、黒澤作品唯一のアカデミー受賞作品だけあって見応えがあった。一見原始的な先住民の生活ですが、誰よりも自然を理解し一体となるデルスの生き方に心打たれました。2部構成で、1部の撮影が素晴らしいのですが、フィルムが劣化しているのが残念!現在の技術でリマスティングできないものだろうか?

黒澤明特集は敢えて点数はつけません。

【146本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

チャーリー

Chaplin_2 BShi ハイビジョンシネマ 原題:Chaplin

1992年、リチャード・アッテンボロー監督作品。私はチャップリンに関しては・・・映画好きを自称していながら恥ずかしながら、短編しか見た事が無く、有名な作品は未見。彼の生涯の断片は、既にドキュメンタリー等で知っていましたが、本作で描かれたチャップリンの生涯は・・・映画文化・産業に残した功績は評価できますが、人としての生き方には共感できず、単なるエロ親父の印象が強く残ってしまった。同じ映画人の伝記映画「ドラゴン/ブルース・リー物語」のブルース・リーのストイックな生き方とは、全く逆の人生を送っていたんだなぁ・・・と感じました。1972年のアカデミー賞のシーン・・・私はリアルタイムで覚えています。

7点/10点満点中

【145本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

ジェニちゃん出演のドラマ

昨夜、Facebookにて・・・酔っぱらってジェニちゃんにApp_full_proxy←コレ を贈ったら、1時間後ジェニちゃんからに私宛にyoutubeのアドレスが送られて来た・・・なになに?おぉ!これは8月末、ジェニちゃんが言っていた9月オンエアのドラマじゃあ~りませんか!ホラーじゃなかったですね。どうも続き物の第2話で、完結してないのでそのまま3話にも出そうな感じ・・・

Theppabut Maya Thepthida Jum Raeng 

劇中こわ~い悪女役の様ですが、本物のジェニちゃんは、お目目クリクリの優しい女性です。

P8290064

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

ピノイ・サンデー

Pinoy_sunday BShi NHKアジア・フィルム・フェスティバル

台湾・日本・フィリピン・フランス合作。2009年作品。

原題:Pinoy Sunday/台北星期天

マレーシア出身のウィ・ディン・ホー監督が、台湾を舞台にフィリピン人出稼ぎ労働者の悲喜こもごもを描いた変わり種。前半の30分は登場人物の説明~中盤から後半の1時間は主役の二人、ダドとマヌエルが延々とソファーを運ぶシーンが続く・・・。凸凹コンビが醸し出すユーモアや孤独・哀愁が独特の味わいを出していて、良い所まで来ているのですが・・・個人的にいま一つ、主人公達に感情移入できず、物足らなさを感じた。・・・と思ったら・・・この監督さん初の長編映画だったそうです。フィリピン人出稼ぎ労働者のコミュニティを覗いた感じで興味深い作品ではありました。

7点/10点満点中

【144本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

キングコングの逆襲

King_kong_escapes 東宝特撮映画DVDコレクション26

英題:King Kong Escapes

1967年(昭和42年)作品。東宝創立35周年記念作品。初見。タイトルに「逆襲」の文字が入っているものの、’62年のゴジラ対キングコングとは繋がりが無く、独立した話でした。今回は、天本英世の怪演が光るドクター・フーや、良い人なのか悪い人なのか良く分らないけど、めちゃくちゃ綺麗な頃の浜美枝(役名、マダム・ピラニヤ!!)やら・・・特に悪役が魅力的でした。スーツアクトもなかなか良く、オリジナルへのオマージュと言われるコングVSゴロザウルスは生々しい迫力、東京タワーでのメカにコングとの決戦も、タワーのセットが良く出来ていて、動物キングコングの生態がよく表れていた。モンド島を離れるエクスプロアー号を見送るキングコングなんか・・・表情豊かで、なかなかキュートでしたぞ!

8点/10点満点中

【143本目】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

タイ関係の催し@福岡

6日から福岡市総合図書館で始まるタイ映画祭に合わせてこんなイベントがありますが・・・日程が迫っている上、事前申し込みが必要なんで・・・微妙。

行けそうな方は問い合わせてみては?

----------------------------------------

やっぱりタイが好き!「タイがもっとわかる1日」10月5日開催 参加者募集中!!

Thum_200_150_topicparagraph9imageja 10月6日から福岡市総合図書館映像ホール・シネラで「タイ映画祭」が開催されます。それに先立ち、タイ好きによる、ディープなタイについてのトークを実施。昼と夜の2部構成で美しい、面白い、おいしいタイを紹介します。タイをより知ってタイ映画を楽しみましょう。
【昼の部】「知りたいタイランド」 参加無料 13:00~14:30
会場:福岡国際ホール・大ホール(中央区天神1-4-1西日本新聞会館16F)
「タイってこんな国」(冨松寛考/タイ国政府観光庁福岡事務所)「タイに暮らしてみて」(宮原拓也/西日本新聞社編集センター部長)「魅惑のタイ-<微笑みの国>の人と文化」(片山隆裕/西南学院大学教授)トークセッション「タイここが面白い」
【夜の部】「タイランドの夕べ」 参加費3500円 19:00~20:30
会場:SLOW+K(博多区中洲3-7-24Gate's6F)
タイ料理ブッフェディナー(食べ飲み放題)、トークショー&ミニライブ(シンガーソングライター辻詩音)、クイズ大会

●参加申し込みはハガキまたはFAXに、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、参加希望(昼の部または夜の部)を記入し、〒810-8721西日本新聞社企画推進部「タイ」係へ(FAX092-731-5210)
※参加証を発送しますので当日ご持参ください。寄せられた個人情報は本企画のみに使用します。
締め切り:定員(各100名)になり次第締め切り
問合せ:西日本新聞社企画推進部TEL092-711-5491
主催:西日本新聞社・タイ国政府観光庁

ふ~あ ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どん底

The_lower_depths BS2 衛星映画劇場 没後10年 黒澤明特集

英題:The Lower Depths

一昨年放映された、黒澤明特集・・・まだまだ残っています!1957年(昭和32年)作品。ロシアのゴーリキーの戯曲を、江戸時代末期の長屋に舞台を置き換えた群像劇。夢も希望も無い社会の最下層の掃き溜めに、左朴全演ずるお遍路、嘉平が入り込んでくる所でここに棲む人々の心に変化が起こる・・・。冒頭、昭和32年度 芸術祭参加作品 と出てくるあたり、かなり芸術性を強調した作りになっていました。つまり、「七人の侍」や「隠し砦の三悪人」の様な娯楽映画を期待したらアウト!劇中、数人の登場人物が演ずるお囃子がヒップ・ポップ、ラップっぽくて面白かった。私個人は、淡々と進む物語を追うだけでいっぱいいっぱいでした。

黒澤明特集は敢えて点数はつけません。

【142本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本のマスコミは死んでいる!

緘口令 かんこうれい

体制側にとって不利となる情報を他言無用とする命令。いわゆる口封じのお達し。

↑これでも出ているのか!?昨日、渋谷で大規模なデモがあったのに、TV、ラジオ、新聞では一切報道されていない。自国の出来事が中立公平な立場で報道されない・・・と言うのは、言論・報道の自由の無い中国や北朝鮮と一緒じゃないのか!?

-------------------------------------

「尖閣渋谷2600人デモ」海外メディアは大々的に報道するも日本のマスコミは華麗にスルー

85_20101003_79444 現在問題となっている尖閣諸島問題に対して渋谷で2600人がデモ行進を行ったのはご存じだろうか。このことは日本よりも海外のメディアが大々的に報じておりなんと日本の地上波テレビニュースやそのほかメディアでは全く取り上げられていない。

CNNのサイトでは「China accused of invading disputed islands」という見出しで取り上げており、写真も掲載されている。日本では希にない大規模デモ。最近では外国人参政権反対デモなどが記憶に新しいだろうか。

実際にGoogleで検索してみても出てくるのはブログばかりでマスコミは一切出てこない。
デモ隊は「尖閣諸島は日本固有の領土です 中国の領海侵犯をゆるさない」や「中国の圧力恫喝に屈した弱腰の民主党政府を許さない!」などと書かれたプラカードを手に持ち行進している。中には英文に訳された物まである。

今回のデモ行進はマスコミだけでなく民主党側も華麗にスルーしそうだ。(ガジェット通信 - 10月03日 04:34)

-------------------------------------

昨夜、仕事をしながら某巨大掲示板を見ながら・・・久々に頭に血が上ってしまいました。だって・・・

↓こんなのは、ごり押しで垂れ流す癖に・・・

Kara10081301

これだけ集まっているのに、何故無かった事にするのか!?

Ca2bd62d

全く持って理解できん!今更ながらですが、日本のマスコミは死んでいるのに気が付いた!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

レイクサイドホテル久山に行った・・・yo!

先日(9月30日)仕事仲間との親睦会で久山のレイクサイドホテル久山に行ってきました。駐車場に車を止めるといきなり目に飛び込んできたのが・・・亀石・・・

P9300159 P9300160

こちらが正面です。

P9300161

P9300163 P9300162

玄関には何故か布袋さんが・・・

P9300175 天然温泉があります。

裏庭には庭園。ここで結婚式もできるようです。

P9300166 P9300165

そこで発見したのが・・・

P9300167 烏骨鶏

そしてなぜか・・・ビリケンさん・・・

P9300174

こちらが宴会場。

P9300176

P9300181 お料理はこんな感じです。

窓の外には・・・何故かパゴダ(仏塔)

P9300180

なんとも不思議な所でした・・・

 


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Puiくんに新しい動き?part2

引き続き、タイの妹と言うか・・・弟のPuiくんからメッセージが届きました。

前回9月30日のメッセージでは「仕事でディズニークルーズに行く」との話でしたが・・・その後送られてきたメッセージでは・・・

どうやら・・・アメリカ・オーランドのディズニーワールドへ仕事に出るようで・・・

0928mikky Ad8b935fff23e40832ce691fc8bd27a6

半年間はバンコクに帰って来ない・・・みたい・・・。

そっかぁ・・・8月末にPuiくんの家にお邪魔した時は、「11月ジュイちゃんも一緒にロイクラトーン(灯篭流し)をやりたいねぇ・・・」って言ってたのに・・・これはジュイちゃん、寂しいだろうなぁ・・・

出発は10月12日だそうで・・・もしPuiくん不在のバンコクを私が訪れる事があるのなら、Puiくんの家族(お母さん)かジュイちゃんに連絡してくれって・・・でも・・・連絡先知らないもんweep

とりあえず、引き続きFacebookやその他の手段で連絡を取りたいと思います。

P8290106

仲良し二人を見るのは来年かなぁ・・・ぴろQ兄ちゃんも、ちょっと淋しいぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月のNHK-BSの映画

7月にスターウォーズシリーズ一挙放送、8月にジャッキー・チェンとブルース・リーの特集・・・と、最近何かと頑張った企画が多いNHK-BSですが・・・

10月のラインナップもなかなかお薦めです!

ざっと挙げても・・・

10月9日 BShi 午後8時07分~ミュージカル映画の名作「ウエストサイド物語」/10月12日 BShi 午後10時~SF映画の金字塔「2001年宇宙の旅」/10月13日 BShi 午後10時~SF映画の傑作「アンドロメダ・・・」/10月14日 BS2 午前0時50分~台湾のハートウォーミングストーリー「Ozrボーイズ」/10月14日 BShi 午後10時~カールセーガン原作のSF「コンタクト」/10月18日 BShi 午後10時~ナチの迫害から逃げたユダヤ人ピアニストの実話「戦場のピアニスト」/10月26日 BS2 午後9時~傑作ハートフルコメディ「リトル・ミス・サンシャイン」etc...

この他も、アメリカ映画のベストに必ずランクインしている「怒りの葡萄」や、アジアフィルムフェスティバル上映作品等の隠れた名作も放送予定です。

今撮り溜めている映画や特番を早く消化して、ハードディスクの容量を空けなければ・・・sweat01

Lms ←特にお薦め!

詳しくは・・・NHK BSオンライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

東宝特撮映画DVDコレクション 27

まだ26号の「キングコングの逆襲」を鑑賞してなくて、やや溜り気味で・・・今月は総合図書館でタイ映画祭もあるし、見る時間なんてあるのか!?・・・と言う所ですが・・・買ってきちゃいました。

Pa010184

やっと、このシリーズの折り返し地点にきました。もう、ここまで来たら・・・全巻揃えるか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日からタバコも値上げかぁ・・・

9843 私が吸っているLARKマイルドも300円から410円に値上げ。昔は1コイン(500円)で2箱買えたんだけどなぁ・・・

Kituengu 16世紀、鉄砲と共に日本に伝来・・・以来、さまざまな芸術や文化をも育んだ喫煙の習慣も・・・今、まさに危機に瀕している。私のまわりもタバコをやめる人が続出中。

タバコの煙が体に悪いのは重々承知の上ですが・・・排気ガスを撒き散らしながら走り回る車が、あれだけ走り回っていたら・・・街を歩くだけで体に悪いものなんていくらでも吸ってそうな気がしますが・・・。更に・・・我々喫煙者は、非喫煙者より余計に税金を払っているのに・・・なぜ、ここまで虐げられなければならないのか!?

インドネシアに行けば2歳の子供でも

こんなに旨そうにタバコを吸っているのに・・・

Tabaco2 Tabaco3

チンパンジーや猿も・・・

Tabaco1 Tabaco5

みんな・・・タバコをやめてしまったら・・・

ご飯がおいしくなって・・・

カロリー過剰摂取で・・・

糖尿病になっちゃうぞ!!

Debu

Debu2

かく言う私は・・・ささやかな抵抗として、9月中に20カートンをまとめ買い。しばらくはチマチマ吸おうと思っております。

タバコは大人の嗜み・・・マナーを守って吸いましょう。

Tabaco4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »