« パレード~解散 | トップページ | 幸せのレシピ »

2010年5月 8日 (土)

嬉しくもあり、誇らしくもあり・・・

旅行などに出かけて・・・(特に海外で)「福岡から来た」と言うと・・・どこそれ?というリアクションが帰ってくる事が多い。確かに東京・大阪・名古屋に比べるとマイナーな地方都市の印象は否めない。特に見て回る歴史的な観光地も、市内には少ない。かの太宰府天満宮も市内から離れた郊外に位置する。外国から福岡に来た観光客は、長崎・別府・阿蘇等に直行し、福岡を素通り人も少ないような気がする。

でも・・・国内外問わず、旅行から帰ってきて、我が街福岡を改めて見ると・・・「結構、綺麗で便利な街やん・・・」と思う事しばしば・・・

この15年~20年位の間、懐かしい街並みは消え、全く違う街に変わってしまったのは寂しい限りですが、空港が都市部に近い位置にあるため、高層ビルが立ち並ぶ事が無いので圧迫感が無く、140万という人口を抱えたコンパクトにまとまった洗練された街並みに変わっていった・・・と言う印象を持っています。

そんな中・・・昨日のmixiの国際ニュースに以下のような記事がありました。

----------------------------------------

お手本は日本の福岡市、今後は都市景観を考えるべき―中国メディア

2010年5月3日、「中国の都市は今、景観を考える時代を迎えている」と、中国の専門家が指摘した。だが、現段階では都市の建設理念にヒューマンケアの精神が欠落しているだけでなく、都市の画一化という大きな問題が存在しているという。中国新聞網が伝えた。

中国の都市は急速に発展している。最新統計によると、09年の都市人口は6億2200万人を突破。都市化率も46.6%に達し、世界銀行の基準である「中等収入国家」の平均に迫っている。中国不動産研究会居住環境委員会の張元端(ジャン・ユエンルイ)主任委員は、「マズローの段階欲求説に従えば、物質文明と精神文化の双方が一定レベルに達して初めて、都市のイメージや文化レベルに対する欲求が高まる。つまり、今の中国は都市景観を考える時代を迎えたのだ」と話す。

だが、中国の現状は都市建設において何事も「No.1であること」にこだわり、見た目や形式を重視した結果、住民の暮らしやすさや快適な環境空間は二の次に。さらに「海外の文化を未消化のまま安易に取り入れた結果、地方文化の多様性や特色が奪われ、都市の没個性化・画一化を招いた」と指摘した。

こうしたなか、発展的なアジアの都市づくりをテーマに「都市景観環境評価システム」が北京で正式にスタート。日本の福岡市が行った20年にわたる都市景観行政を積極的に見習うことで、アジアの各都市が官民一体となって快適な都市空間の建設に取り組むことができるとしている。(翻訳・編集/本郷)
(Record China - 05月07日 18:34)

----------------------------------------

懐かしい街並みが消えてしまったとは言え・・・夕方になると屋台がぞろぞろ出てきて昼間とは全く違う風景になってしまうのも他の都市には無いし・・・ユニークな街だな~・・・と思うと同時に・・・こうやって外国の記事にわが街が取り上げられる事に、嬉しくもあり・・・誇らしくもあり・・・

ただ・・・道路行政だけは、もう少しまともにやってくれー!いつまでたっても凸凹やんかー!!

|

« パレード~解散 | トップページ | 幸せのレシピ »

ニュース」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しくもあり、誇らしくもあり・・・:

« パレード~解散 | トップページ | 幸せのレシピ »