« ネタ切れに付き・・・HDに入っていた「家政婦は見た」シリーズ | トップページ | 泰のカップラーメン5 »

2009年2月14日 (土)

ハリーとトント

Hat BS2 衛星映画劇場 アカデミー受賞作品特集

NYに住むハリー爺と飼い猫の老猫トントが区画整備のために住み慣れた街をを追い出され子供の家に居候するが、旅に出る・・・ロードムービー。

物語の90%はハリー爺のエピソードですが、何気ないシーンにトントが出てきて話しを印象付ける。爺と若者のエピソードも70年代のアメリカの文化や時代を象徴しています。ラストシーン近くのトントとのお別れのシーンは、私の愛猫こたちゃんとの別れを思い出してしまった。(涙)

しみじみした・・・味のある作品でした。

8点/10点満点中

【16本目】

|

« ネタ切れに付き・・・HDに入っていた「家政婦は見た」シリーズ | トップページ | 泰のカップラーメン5 »

DVD」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101974/44050260

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーとトント:

» DVD:アウェイ・フロム・ハー君を想う Away from Her 突き刺さる「眼差し」 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
個人的にはベスト・ムービーのひとつである、「スウィート ヒアアフター」 The Sweet Hereafterの監督アトム・エゴヤンが製作総指揮、かつ主演だったサラ・ポーリーが、監督・脚本したこの映画は見逃すわけにはいかない。 監督そして脚本とは、サラ・ポーリーさん、かなりの才女ですなあ! しかもまだ若いし(驚きの、公開時27才) 同じく彼女が監督の『死ぬまでにしたい10のこと』が未見なので、さっそくチェックかな。 結婚して40年以上の夫婦、フィオーナとグラントは自然の中の一軒家で送る充実した... [続きを読む]

受信: 2009年2月28日 (土) 22時43分

« ネタ切れに付き・・・HDに入っていた「家政婦は見た」シリーズ | トップページ | 泰のカップラーメン5 »