« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の記事

2009年2月28日 (土)

ぴろQ今月の一本!(2月)

先月あまり見る事が出来なかった分、今月は沢山見た~!その数、26本!仕事・風呂・睡眠以外はず~っと映画を見ていました。鑑賞作品も良い作品が多くて甲乙付け難く、どれを選ぶか迷いましたが・・・頭ひとつ・・・この作品が良かった!!

Btt

ファンタジーではある物のVFXがメインの他作品とは一味違って、幼い少年少女の友情と、成長の物語。ラスト近くの展開が意外!そして・・・切ない・・・

おススメの一本です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デューン/砂の惑星 TV放映長尺版

Dune 公開当時フランクハーバートの原作本をちょっと読んだ事がありましたが、あまりに壮大な世界観と用語の多さに1冊で断念しました。監督は当時エレファントマンで高い評価を得ていたデイヴィッドリンチ。映画館へは見に行きませんでしたが、TV放映(確かTBSだったかな?)で見ました。

本作は映画版に手を加えた特別編で監督・脚本名義がなんとアラン・スミシー(アメリカで、映画制作中に映画監督が何らかの理由で降板してポストが空席になったり、何らかの問題で自らの監督作品として責任を負いたくない場合にクレジットされる偽名である。:Wikipedeaより)となっています。

改めて見た感想は・・・酷い・・・当時のSF誌や映画専門誌ではD・リンチ作品として結構評価されていた気がしたんだけど・・・こんなに酷かったっけ?

全体的にモノトーンな色合いで統一されていたり、所々に夢のイメージショットが挿入されていたり・・・D・リンチ独特のシュールな演出はいい味出しているんですが、あまりにチープな特撮と、説明の多すぎるナレーション・台詞がだらだらと続くのには、さすがに眠気を感じてしまいます。

主演は後にD・リンチ作品の常連となるカイル・マクラクランを始め、新スタートレックのピカード艦長役のパトリック・シュチュワート、ブレードランナーのレイチェル役のショーンヤングなどキャストが意外と豪華だった。

今のVFX技術を使えばもう少しマシになるかもね・・・

4点/10点満点中

【26本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

4月どうしよう・・・

悩む~10002191603_s

おととい、勢いで「今年のソンクラーンも参戦するか!?」とか書いたけど、はっきり言って金が無い。・・・でも~・・・いくらぐらいかかるか調べてみると・・・

ありゃ?オールフリープランのツアー結構安いやん!ホテルは選べないけど、空港~ホテルの送迎と朝食付きで48000円位から(タイ航空、燃油サーチャージ・空港使用料別)予算10万もあればいいか・・・これは頑張れば行けるかもしれない・・・

でも~・・・一月に行ったばかりだしなぁ~・・

Skuma 悩む~!!

タイへ行かない代わりに鹿児島へ行って、南九州観光ついでにPuiくんが乗ってくる(はずの)客船を見てくる・・・とか・・・ちょっと思ったりして~

悩む~!!!!!T2007120630ktbear

どちらにせよ・・・Puiくんが来日するのかしないのか・・・はっきりしないと決められない!

決まったら早く知らせてね~>Puiくん!

はぁ・・・疲れた・・・

B64a70760bb75e3ecfd1ad86d8f10c88

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

ゴッドファーザー

Gf BS2 衛星映画劇場 アカデミー受賞作品特集

言わずと知れた、フランシスFコッポラの代表作。子供の頃TV放映で見ましたが、すっかり忘れていました。改めて見てみますと・・・

マーロンブランド演ずるドン・コルレオーネが冒頭、凄まじい存在感をだしているのに劇中どんどん枯れて行く様と、アルパチーノ演ずるマイケルが、最初まるでマフィアとは無縁のお坊ちゃんなのにラストには恐ろしいほどの迫力を出していく様の対比が素晴らしい!ニノロータの哀愁漂うテーマに乗せて、マフィアと言うアメリカ史の闇の部分の家族愛を描いておりました・・・

ちょっと尺が長いけど・・・やはり名作でした!

ゴッドファーザーシリーズはあえて採点しません。・・と言うか点数付けれません^^;;

【25本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

Puiくんおもてなし計画・・・ちょっと待った!

Puiくんからメールの返事が来ましたが・・・ど~も来日は微妙・・・と言うか・・・今の時点では良くわからないみたい。(もう少しブロークン英語を解読せねば!)

とにかく今の時点でわかっているのは2月15日にタイに帰国した模様。(hi5では17日間の休暇)。Pui君の乗っている船は3月15日~5月29日の航海に出るようで、その途中で日本に寄るようですが・・・乗るのかどうかわからないみたい。チーフの判断次第のような・・・

ひょっとしたら5月いっぱい船に乗らないで休暇の可能性もあるので、そのときはソンクラーンを一緒に過ごしたい・・・みたいなことも・・・

・・・う~む・・・

Pui君が日本に来られないなら・・・

今年のソンクラーンも参戦しに行くかー!?でも金が無いー!!

Img_1214

昨年のソンクラーンの模様↑@シーロム

| | コメント (3) | トラックバック (0)

気が付けば・・・もう2月も終盤・・・

なぁ~んかこの間、年越しそばと寿司食って正月迎えたばっかりのような気がするけど・・・その後、タイへ行ってバタバタしていたら・・・いつの間にかホークスも宮崎キャンプももうすぐ終了だし、WBCは強化試合やってるし・・・なんか置いてけぼりくらった感じ・・・(´・ω・`)ショボーン

今日は久々ゆっくりしているので・・・の~んびり

・・・映画見て・・・(またかい!?)・・・夜は野球見ようっと!!

Vip1110026

の~んびりのイメージ図↑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

スターウォーズ エピソードⅢ シスの復讐

Sw3 フジテレビ 土曜プレミアム (吹き替え版)

原題:Star Wars Episode III: Revenge of the Sith

地上波初放送。クラシックに多大な影響を受けた私にとって感慨深い作品であり、本作は新旧シリーズの橋渡しになる作品でもあります。およそ30年前エピソードⅳを作った頃には、こんなに世の中こんがらがるとはルーカスも思っていなかったでしょう・・・。今の世相を反映した作品となっています。

当然映画館でも見たし、DVDでも何度と無く見ました。クラシックはもっと単純明快・勧善懲悪な御伽話でしたが、新シリーズ最後の本作は、話が複雑にこねくりまくっているのと、epⅰからのアクロバティックかつ超人的殺陣や絶対不可能な戦闘機の操縦が個人的に不満。

後半は壮大な辻褄合わせ。ルーカスの苦労が伝わってきます。でも、切ないラストがいいので・・・

8点/10点満点中

【24本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このブログの検索キーワードは・・・

偏っている・・・(2月24日午前0時現在)

検索フレーズランキング
1位:バイヨークブティック
2位:高橋睦
3位:バイヨーク ブティック
4位:バイヨーク・ブティック・ホテル
5位:バイヨークブティックホテル
6位:バイヨーク・ブティック
7位:東京へはもう何度も行きましたね
8位:タイ バイヨークブティック
9位:高橋 睦 ブログ
10位:バイヨーク ブティック ホテル

ほとんどプラトゥナムの中級ホテル!!

しかし・・・なんで今頃、623なんだろう・・・7位のマイペースの「東京」も不思議・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

最"狂"絶叫計画

Szk3 原題:Scary Movie 3

久しぶりにパロディ物が見たくなって借りてきました。「サイン」「ザ・リング」「8Mile」がベース。「8Mile」だけ見ていなかったので、元ネタと比較できなかったのと、ラップ対決の英語は相当面白いこと言ってそうなのに伝わらなかったのが残念。

中盤レスリーニールセンが出てくるあたりから、彼の天然ボケの笑いのセンスで、爆笑ポイントがグッとあがった。やはり彼は偉大だ!!!

・・・でもやっぱりこの手の映画は、オリジナルを見てないと面白さ半減ですね・・・

7点/10点満点中

【23本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやぁ~!良かった良かった!おめでとう!!

本木&広末万感『おくりびと』外国語映画賞受賞! 滝田監督「これが新たな旅立ち」

2009年2月23日(月)13時9分配信 cinemacafe.net

短編アニメーション部門での『つみきのいえ』に続いて、外国語映画賞部門でも快挙! 滝田洋二郎監督、本木雅弘主演で納棺師という職業にスポットを当てた『おくりびと』が見事オスカーに輝いた。外国語映画賞が正式に設立されて以来、日本映画が受賞するのは史上初の快挙!

過去最高の65作品が集まった今年の外国語映画賞。『戦場でワルツを』、『バーダー・マインホフ 理想の果てに』といった有力な競合作品を抑えて、見事、栄冠に輝いた『おくりびと』の滝田監督は、感激の面持ちでオスカー像を受け取り、「この映画で助けていただいた方々みなさまに感謝します。私がこの場に来られたのもこの映画のおかげです。これが私にとって新しい旅立ちとなります。I will be back(また戻ってきます)!」と感謝の気持ちを口にした。滝田監督に促され、本木さんと共演の広末涼子、余貴美子も一緒に登壇。本木さんは万感胸に迫るといった表情。彼の妻の役を演じた広末涼子も笑顔で余さんと共に快挙を喜んでいた。

--------------------------------------------

この数年の映画の興行収入から見ても、ハリウッド映画よりも日本映画の方が良質な作品を作り出している事が証明されていると思い、私はそれを嬉しく思います。最近のハリウッド映画は巨費を投じている分、収益の失敗を恐れるあまり過剰な演出、似た様な展開・・・派手な割には見終わった後、何の感想も残らない作品ばかりになってしまいました。

日本人としての外国語映画賞受賞は黒澤明「デルスウザーラ」以来。(ただし、ソビエト映画として受賞。)短編アニメーション部門とW受賞・・・本当に喜ばしく・・誇らしく思います。

製作・公開にに携った方々に「おめでとう!」と言いたい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

猟奇的な彼女

Rtk

原題:엽기적인 그녀 英題:My Sassy Girl

初見。ケロロさんおススメの一本!(ケロロさん見たよ~!)

優柔不断で気の弱い男子学生と、異様に気が強くて暴力的な女の子の恋愛コメディ。泣かせるツボもしっかり押さえてある。前半戦で何気ないところに結末の複線が張ってあったり、テンポよく物語が進んでいくあたり脚本のセンスの良さを感じた。

日本のTVとハリウッドでリメイクされたのは知っていましたが、wikipediaによるとインド版もあるそうな!!

9点/10点満点中

【22本目】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

にゃ~にゃにゃ

今日は猫の日!毎年恒例蔵出し猫画像!!

キティちゃんになりたいぬこと、ネズミを狙うぬこ

827d73770aaf3ea56e4ddbd99f0141f7 903cc7be42d6fae3ae8c8be791ceeb74

ハイ!ラーメン一丁!!

Uporg2028758 Uporg1942401

長いぬこ・・・この素材のコラよく見るね!

Vip1024594 Uporg1747576

最終コーナーで猛烈なハングオンをかけるぬこ・・・

Vip1071728

今年はこんなもんで許してください・・・ 

222

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

テラビシアにかける橋

Terabisia 原題:Bridge to Terabithia

おいおい・・・また児童文学物かよ~・・・まぁ評判良さそうなんで見てみるか・・・程度で見たら・・・良かったー!!泣いた!!

学校にも家庭にも疎外感を持つ、絵が得意な少年ジェスと、転校して来たばかりの少女レスリーが、放課後森の中で理想郷「テラビシア」を作っていく物語・・・しか~し・・・思わぬ展開が!!!

ファンタジー映画ではあるが、メインはジェスとレスリーの友情物語。主役の二人(ジェス役ジョシュ・ハッチャーソンとレスリー役アナソフィア・ロブ)の演技が上手いのは言うまでもないが、妹メイベル役の子役の生き生きとした表情も素晴らしかった!現実と空想がシンクロしていく演出は見事!

細かい設定や用語が多いトリロジー物ファンタジーに食傷気味の私に、ファンタジー映画の素晴らしさを思い出させてくれた!!

9点/10点満点中

【21本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画中毒

仕事から帰ってPC立ち上げて・・・お風呂と寝る時以外はず~っと映画見ています。

Cwo

↑こんな感じ・・・(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

白痴

Hakuchi BS2 没後10年 黒澤明特集

特集の本放送も昨年中に終わり、人気投票もやった後、只今アンコール放送やってますが、昨年録画したのがHDに残っていたので、またまたコツコツと消化していこうと思います。

ドフトエスキーの原作を黒澤明が映画化。本来は4時間を超える大作だったそうですが、映画会社がバッサリやっちゃって・・・カットされた部分を補うかのごとく、冒頭で説明的なテロップが出てきたり・・・物語の導入が無理矢理なのは、完璧主義の監督は相当不満だったろうな~・・・

それでも2時間46分の長尺(二部構成)物です。半世紀以上前の札幌が出てくるので北海道に住んでいる人は興味深いでしょうね。

原節子の存在感・森雅之のふわふわした演技が印象的でした。いつも古い日本映画を見ると思うんですが、出てくる女優は綺麗なんですが、なぁ~んであんなに強気で上から目線の命令口調なんでしょうか?

原作を読んでいないのでなんとも言えませんが・・・最後の展開はなんだかなぁ~・・・

黒澤明特集は敢えて採点しません

【20本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

ウォーター・ホース

Wh 原題:The Water Horse: Legend of the Deep

第二次世界大戦中のスコットランド・ネス湖を舞台に、後にネッシーと呼ばれるUMAウォータホースと少年の交流物語。ネッシーと少年って・・・どこかで聞いた話のような・・・あ!「ドラえもん のび太の恐竜」(←これ見てないけど、同じように思った人、多いみたい)。

内容は、これまでの異生物モノと一緒で、なんら新しさを感じなかった。もう一捻りほしかったけど・・・クルーソーと名付けられた、後のネッシーのCGが良くできていたので、おまけして・・・

7点/10点満点中

【19本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすがタイの企業!素晴らしすぎるセンス!!

newsclip.beより

タイ日本食のオイシ、今度はギョーザ

【タイ】タイの日本食店・緑茶大手オイシ・グループは今年、自社製冷蔵・冷凍ギョーザの売り上げを前年比250%増の7億バーツに引き上げる計画だ。テレビCMで販売を伸ばすほか、日本への輸出も目指す。

 オイシは昨年から、バンコク郊外ナワナコン工業団地の工場でギョーザを製造し、テスコ、カルフールといったディスカウントストアやセブンイレブンで販売している。日本への輸出は交渉段階だが、同社のパイサーン副社長は「我々はタイのキング・オブ・ジャパニーズレストラン。必ず成功してみせる」と鼻息が荒い。

---------------------------------------------

実は、おいしくないと一部で言われているOISHIチェーン・・・緑茶やらなんやら手を出して儲かっているのか?今度は餃子の販売に力を入れるそうな・・・

・・・で・・・

何のセンスが素晴らしい・・と言うのかって?

・・・

・・

それはねぇ・・・

この宣材写真だー!!

どっかーん!!

090218_oishi_gyoza_3_mainimg

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

舞妓haaaan!!!

Mkh 宮藤官九郎脚本・阿部サダヲ主演のコメディ。舞妓と野球拳をすることを人生の目標にしたハイテンションなサラリーマンが左遷先の京都でのし上がっていく・・・ミュージカルシーン有りでかなりハチャメチャにやっていますが、展開がやりすぎで途中でだれた。

阿部サダヲの怪演は素晴らしいけど、柴崎コウはミスキャスト。

植木等の最後の出演作品となった。

期待値が高かった分、イマイチだったのがちょっと残念。

6点/10点満点中

【18本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

Puiくんおもてなし計画 part2

先月、スペインからサプライズ電話をかけてきた、タイ人の妹分というか弟分というか・・・Puiくんにメールを出していたましたら、月末イギリスの母港に戻った彼女から返事が届いておりました。ただ、ブロークンな英語でイマイチ内容がわからなくて(しかも4月に来日するのも微妙な内容だったので)ほったらかしておきました。

そんな中、hi5の彼女のページで「バンコクへ一時帰国して17日間の休みを取る」旨の書き込みがあったので、今日、改めてメールを出してみました。

まだ、はっきり4月に来日するのかわかりませんが・・・もう少し・・・再会の地となるであろう鹿児島のことをネットで調べることにします。

Puiくん曰く、以前、調べていた船の名前や寄港の日程・時間は間違いないとのこと。そこで今回寄港する「マリンポートかごしま」を調査!しか~し、オフィシャルなHPも無く、その実態はイマイチわかりませんでした。GoogleMapを使っても場所を特定するのがやっと。

苦労して見つけたのがコレ↓


大きな地図で見る

マリンポートかごしま内の施設の地図がコレ↓

Mpk_2

位置的にウォーターフロントを新しく開発したエリアのようなので、中心部からちょっと離れているみたいで、車がないと不便かな?・・・と言うことは・・・福岡からサイノス仔ちゃん乗って行くか?レンタルで済ますか?Pui君とは酒も飲みたいんで、その時の対策も考えておかねば・・・・

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

バットマン・ビギンズ

Bb 公開時、映画館へ見に行きました。ティムバートン版から数えて5作目。本作の正式な続編の「ダークナイト」(ティムバートン版1作目のリメイク)も制作されて改めてみて見ました。2回目の感想です。

クリストファーノーラン(監督・脚本)が作った新しい解釈のバットマン像。大きな違いは悪人の恐怖のイメージとしてバットマンを描いたところかな。おかげでバットマン登場シーンはまるでホラー映画さながらの演出。最近のハリウッド映画にありがちな正義と悪の解釈の仕方も興味深い。

渡辺謙が登場するチベットの山奥での修行のシーンは、相変わらず西欧人の持つ東洋のイメージで、なぜか忍者が出てきたりしてなんとなく陳腐な感じもするけど(忍者好きね~)全体的にはシリーズ最高に格好良かった!!

8点/10点満点中

【17本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のモカちゃんのデヘヘヘ・・・2

先日サッカーを見ていて・・・試合は世界ランキングで格上のオーストラリア相手に引き分けたけど・・・試合終了後、コタツの中からモカちゃんがごそごそ起き上がってきて・・・

Img_1582

笑った・・・・

Img_1583

でへへへ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年2月15日 (日)

泰のカップラーメン5

今回のタイ旅行で、コンビニで気が付いたのはインスタント麺の品揃えが充実していた事。特に韓国製のインスタントラーメンがかなり進出していた。そんな中、目を引いたのがこれ。日清の新製品「1番ら~めん」。味は3種類。店のFFコーナーにも専用ラックで陳列してあって一押しで売ってるみたい。

これは「とんこつシーフード タコ・カニカマ・わかめ」

Img_1585

パッケージの中は意外とシンプル

Img_1587 Img_1588

お湯を入れて3分・・・出来上がり~!!

Img_1589

お味のほうは・・・とんこつとは名ばかりで、どちらかと言うとシーフードヌードルに近い味。わかめが入っているのが新鮮でした。おいしかったけど、タイ人には薄味に感じるんじゃないかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

ハリーとトント

Hat BS2 衛星映画劇場 アカデミー受賞作品特集

NYに住むハリー爺と飼い猫の老猫トントが区画整備のために住み慣れた街をを追い出され子供の家に居候するが、旅に出る・・・ロードムービー。

物語の90%はハリー爺のエピソードですが、何気ないシーンにトントが出てきて話しを印象付ける。爺と若者のエピソードも70年代のアメリカの文化や時代を象徴しています。ラストシーン近くのトントとのお別れのシーンは、私の愛猫こたちゃんとの別れを思い出してしまった。(涙)

しみじみした・・・味のある作品でした。

8点/10点満点中

【16本目】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月13日 (金)

ネタ切れに付き・・・HDに入っていた「家政婦は見た」シリーズ

今週末はバタバタして書くネタも切れているので・・・苦しいときの馬鹿画像張らせていただきます。

じぃ~・・・

18025 41389

Up123655 Vip1039873

Vip1004412

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

サーフズ・アップ

Su ペンギンにサーフィンをさせると言うアイデアは可愛いけど・・・南の島にペンギン・・・う~ん・・・なんかミスマッチ。

登場人物のインタヴューから始まって、回想シーンへ・・・回想シーンにもカメラクルーが付いて回るドキュメンタリータッチの演出のため、如何にもハンディカメラが追っているような感じでズームイン・アウトしたり・ぶれたり、水しぶきがレンズに付いたり・・・古い実写フィルムなどをリアルにCGで再現している。かなり凝った画像作りは高く評価できるけど・・・

・・・肝心のストーリー展開が物足りなかった。

7点/10点満点中

【15本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

A.Q.特別編/アントワン・Q・フィッシャー・ストーリー 

Aq 原題:ANTWONE FISHER

’02のデンゼル・ワシントン初監督作品。実話に基づいた話。脚本はアントワンフィッシャー本人。BGMでガムランのような音がするけど物語には一切関係なかった。日本公開当時「君の帰る場所」と言うタイトルが付いていたようで・・・個人的にはこっちのタイトルの方が良いと思うんだけどな~・・・

心にトラウマを持った海兵隊員が精神分析医と出合って克服する話。最近のアメリカ映画には珍しく、家族や血縁がテーマの深いところにある。お涙頂戴的な所があるのは否めないけど、初監督にしてはよく出来ていたと思う。あ!そうそう・・・一ヶ所、変な日本語が出てきてずっこけた(笑)

人間、いくらいきがっても、一人じゃ生きていけないんだな・・・

9点/10点満点中

【14本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEKO JUMPの新譜を、やっと買ったyo!!

先日の渡タイにて、やっとNEKO JUMPの新譜を入手しました。よく見ると収録曲は10曲!なんと初のフルアルバムです。(全2作は5曲入りミニアルバム)

Img_1570

トップナンバーはこんな感じ・・・

อกหักค่าาา 

感想は・・・日本の市場を意識して、謎の日本語がSEで入っていたり、歌詞の中にあったり・・・相変わらずでした。ミドル~スローのバラードが多くてちょっと、タルイかなぁ・・・1stのPooみたいな弾けたのがほしかった!!

・・・とか思って・・・ジャケットを確認すると・・・

mixiの日記でご本人も言ってました・・・

スペシャルサンクス欄に・・・

Img_1571

!!!!

__tn_ikkyusan あの人の名が・・・!!!

Img_1571a

なんで?なんで???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

今日のモカちゃんの「家政婦は見た」

じぃ~・・・・・

Img_1552

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記

Nt2 英題:National Treasure: Book of Secrets

歴史学者で冒険家ベンゲイツが、先祖の汚名を晴らすために謎解きの旅に出る!絶対進入不可な場所に侵入して次のヒントを得る・・・そのヒントを得るために悪役グループが追跡する。クライマックスは地下遺跡(トラップ付き)・・・って前作と同じやん!(爆)

今回はパリ・ロンドンでロケーションが行われています。特にロンドン市街でのカーチェイスは見ものですが・・・あれだけ派手にやっておいてパトカーが一台も出てこないのは・・・まさにシネママジック(笑)!!

エドハリスが憎憎しい悪役で出ています。

7点/10点満点中

【13本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

私の頭の中の消しゴム

Wak_2 BS2 衛星映画劇場

原題:내 머리 속의 지우개 英題:A Moment to Remember

Wikipediaによると元ネタは日本のTVドラマだそうで・・・韓国で映画化されて逆輸入、ハリウッド版もあったような・・・日系コンビニチェーンが重要なモチーフとして登場するけど、スポンサー料ガッポリ取られたんだろうなぁ~・・・

個人的にはこの手の純愛物は苦手ですが、本作は物語の進行のペース配分もよく、脚本も良く練られていて・・・まぁ突っ込みどころは無くもないけど・・・自然に感情移入できた。ラスト近くのクライマックスシーンはやりすぎっぽいけど・・・おまけして・・・

8点/10点満点中

【12本目】

| | コメント (9) | トラックバック (0)

今、味付けのりが熱い@Thailand

今回の旅行で気が付いた事・・・電車の中の物売りや、コンビニで、おつまみと言うかお菓子として「味付けのり」が普通に売られていた事・・・

日本の味付けのり(旅館の朝食とかで生卵と一緒に出てくる、小分けした奴)がそのまま売られていたり、Made in Thailandの袋入りスナック菓子のような製品があったり・・・コンビニで味付けのりコーナーがあったり・・・これっていつから???今まで私が気が付かなかっただけかな?

・・・んで・・・滞在最後に入手してきました。

Img_1566

形や厚みがまばら・・・お味の方は・・・

Img_1568

パッケージに唐辛子が書いてある通り・・ちょいピリ辛ですが・・・大味な味付けのりって感じで・・・たいした事はありませんでした。タイに行かれる方は試してみてはいかが??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

スーパーガール

Sg この映画、公開当時、映画館へ見に行ったな~・・・懐かしくて借りてきました。公開は84年。当時スーパーマンは「電子の要塞」の後、「最強の敵」の前。完全にスーパーマンの番外編(スピンオフ)

改めて見てみますと、主演のヘレンスレイターが可愛い!!しかもキャストが豪華!フェイダナウェイにピーターオトゥールだよ!更に音楽がジェリーゴールドスミス。テーマ曲は日本のテレビ番組で使われていた(確か「驚き桃の木20世紀」)今も他の番組で使われているかも・・・

撮影の技術的にはクリストファーリーブのスーパーマンシリーズと同じですが、主演が女の子なのでワイヤーワークでのフライングシーンはしなやかで、こっちの方が自然で美しくみえる。ただ・・・物語は、コミックの域を脱していないのと、尺が長すぎるのが不満。

これってイギリス映画だったのねん・・・

7点/10点満点中

【11本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そもそもNang Kwakってなんぞや?

・・・と言う人も多いと思いますが・・・

タイのアイドル・女優にして実業家であらせられまするジェニちゃんことJennifer Ann Politanontタソが経営するスパゲッティハウスに続くパブ&レストランの名称・・・

Nang Kwak(あえてカタカナ表記すると「ナンクワッ」)

Img_0663

この中央のKの部分に描かれているシルエット・・・

Img_0663a

タイの祠などによくある、招き手をしている女の人の像の事なんです。

・・・と言うわけで・・・

自分用お土産に買ってきました。Nang Kwak

Img_1565

実際祠にお供えしてあるのは、色が付けられている物が多いです。これは付いたいた価格の半額以下で購入!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

天国の青い蝶

Tbb BShi ハイビジョン日曜シネマ(吹き替え版)

カナダ・イギリス作品 原題:The Blue Butterfly

脳腫瘍で余命いくばくも無い少年と、ウィリアムハート演ずる子供嫌いの昆虫学者が、この世で最も美しい蝶(ブルーモルフォ)を探して旅に出る・・・実話を基にした話。

中南米のジャングルの深い緑と、色鮮やかな花と昆虫の映像が美しい。しか~し・・・話としてはイマイチ盛り上がりに欠け、結末は出来すぎ。あ~よかったね!って感じで・・・特に響くものは無かった・・・私は冷たい人だろうか?^^;

6点/10点満点中

【10本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nang Kwak 訪問記 2009年1月 その3

しばらく話した後・・・店が混み合ってきて・・・「また後で来るからね~」と残し、ジェニちゃん他のテーブルへ・・・

私は一人で食事&飲む・・Img_0666

Img_0670 すぐそこにジェニちゃんいるのに・・・

忙しそう・・・・Img_0673 う~ん・・・

なかなか私の席まで来れそうに無いな・・・ タイムップ!

チェックを済ませて、ジェニちゃんに挨拶。開口一番「ごめんなさい~」 「マイペンライ!^^明日の朝、早いので帰ります」 「下のバーで一緒に飲もう!」私、時計を見ながら・・・せっかくですが・・・時間が無い・・・朝5時起きなんで・・・最後に写真だけ・・・

Img_1532

うとぅくすぃ・・・調子こいて2ショットもう一枚!!

Img_1533a

エレベーターまで見送りに来てくれて・・・次はいつタイに来るの?・・・う~ん・・・多分ロイクラトン?・・・長い間こないのねん・・・

ひぇ~・・・帰りとうなかぁ~・・・そんな会話の途中、無常にもエレベーターが来た・・・

ジェニちゃん最後に日本語で「さようなら」って言ってくれた・・・良い子じゃ~(涙)

Nang Kwak 訪問記 2009年1月 おしまい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

アイス・エイジ2

Iceage2BS2 衛星映画劇場 (吹き替え版)

原題 Ice Age: The Meltdown

このblogに映画の感想を書くようになって初めての2度目の感想。大方、前回と同じ感想でしたが、今回見たのは吹き替え版だったので、そっちのほうの感想を書いておきます。最近この手の映画は声優だけではなくタレントを起用するケースが多いですが、この作品もそうでした。主役のマニーは山寺宏一(この人は人気声優にしてベテラン!)以外は、シドは爆問の大田光、ディエゴは竹中直人、・・・このトリオは前回と変わらず。新キャラで、自らを袋ねずみだと信じて疑わないマンモスの生き残りエリーは優香、インチキな商売している物知りトニーに高田純二。これまでは良いキャスティングでしたが・・・袋ねずみの兄弟が、オセロ中島知子と久本雅美、二人の関西弁の掛け合いが鼻についた。(シュレックのダウンタウン浜田の関西弁も好きじゃない)

笑ってしまったのが物語に関係なくどんぐりを追いかけまわっていたスクラットが、クライマックスで、物語と関係なく・・・結果的に主役たちを助けていたこと。その後のエピローグも絶品です!

8点/10点満点中

【9本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nang Kwak 訪問記 2009年1月 その2

Img_0660 1月12日今回の旅行タイ滞在最終日の晩・・・最後の晩餐はやっぱりNang Kwakでしょう!9日からバンコク入りしているプイさんに夕方連絡が取れたが、深夜発の帰国便に乗るのでご一緒できないとの事・・・確か、マイミクのバグースさんも私が宿泊しているインドラリージェントの裏のバイヨークスカイにいるはずですが、連絡のとりようが無いので、一人で行くことにしました。

8時半出発

9時、Nang Kwak到着!!Img_0664

Img_0663 今夜ジェニちゃんに会えるのか?

前回同様、正面から入らずに地下から3階直通エレベーターで3階へ・・・エレベーターから降りてテラスへ入るとスタッフが案内してくれる・・・月曜なのに結構お客が入っている!繁盛してんなぁ~!キョロキョロしていたら・・・

ジェニちゃんがいたー!!

接客中で忙しそうでしたが、わざわざ私のテーブルまで来てくれて・・・「明日、日本へもどるんでしょ?アユタヤとロッブリーへは行った??」

・・・お・・覚えていてくれたんや~

なんやかんや・・・英語タイ語日本語のちゃんぽんで話して、偶然デジカメに入っていた日本の写真(アユタヤのウェイトレス姉ちゃんに見せたらやたらウケた!)を見せた。あ!そう言えば、今回ちゃんとしたジェニちゃんの写真撮ってなかった・・・と言うことで、Nang Kwakのウエイトレスのお姉ちゃんにシャッターを押してもらった。

Img_1531a

ぴろQ・・・ぶりぶり緊張しとります!^^;;

つづく

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2009年2月 5日 (木)

Nang Kwak 訪問記 2009年1月 その1

Img_0649 1月7日 昨日はBKKに到着して何も出来ないまま寝てしまった。今晩こそはNang Kwakに夕食を食べに行こう!

昼にバンコク駐在のTokkeyさんに連絡が取れたが、仕事が忙しいので時間は微妙とのこと・・・とりあえず10時にスパゲッティハウスで待ち合わせることに。午後9時半ホテルを出発。時間通りsoi17に到着。ファミマの前で一服して・・・いざ!スパゲッティハウスへ向かうと・・・向こうから見慣れた顔が・・・

「あ!Tokkeyさん!!お久しぶり!」「ジェニちゃんいないよ!」ありゃりゃん!!そんじゃ・・・Nang Kwakに行こう!Tokkeyさんの車でSoi10へ・・・

いつも通り地下へ駐車。 Img_0650_2

ここから3階まで直行のエレベーターに乗って・・・

3階は開放感あるテラス席になっていて、夜風が気持ちいい。照明がグッと抑えてあるので雰囲気もいい・・・そんな中、アン君とばったり・・・あ!ご無沙汰しとります!!とお辞儀をして・・目を移すと・・・そこに飛び込んできたのは・・・

じぇ・・・じぇ・・・じぇにちゃん・・・!!

ジェニちゃんも驚いた様子で、席に案内してくれて・・・

Img_0654 3人でしばし談笑。Img_0656_2

オイオイ!ジェニちゃん横に座ってるよ~・・・笑ってるよ~・・・私に「サバ~イディ~マイ」とか聞いてるよ!(昨日の晩から体調不良<二日酔い>でサバ~イとはとても言えない状態)すると・・・

Tokkeyさん(写真→)が タイ語で「ぴろQさんは昨日バンコクに到着したけどお酒の飲みすぎてずっと寝てたんだって~」とジェニちゃんに言っている・・・オイオイ余計なこと言わんでくりぃ~^^;

そこで、最近の芸能活動状況を聞くと・・・インちゃん・ベルちんと三人でレコーディング中だとの事!おぉ~!!年の初めに良いニュースを聞いたぞ!!!

とかしていたら・・・料理が運ばれてきて・・・ジェニちゃん何か言って・・・退席・・・

Img_0658 Img_0659

食後、Tokkeyさんと近況を話したりなんかしていましたが・・・気が付けばフロアにジェニちゃんいない・・・Tokkeyさんいわく「スパゲッティハウス閉めに行った」そうな・・Tokkeyさんも引越しをしてBKKから遠くなってしまったそうで・・・ジェニちゃんもしばらく戻ってくる気配はないし・・・また来よう!!!

と言うことで・・・この日は大人しく帰りましたとさ・・・ちゃんちゃん!

じぇ・・・じぇにちゃん・・・また来るね~

Img_0655

追記)実は、前日6にピセーさんがジェニスパ、7日午後8時半からBKK在住のwataruさんが、私に会えるかと思って来店されていたそうです。7日はは入れ替わりだったみたいで・・・申し訳ございませんでした。m(_ _)m

次回から渡泰時、連絡取れる方法を考えておきます>ピセーさんwataruさん

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイス・エイジ

Ia BS2 衛星映画劇場 (吹き替え版)

マンモスのマニー、ナマケモノのシド、サーベルタイガーのディエゴが力を合わせて、はぐれたネアンデルタール人の子供を親元にとどける話。バラバラだった3匹の気持ちが子供を中心にまとまり、真の仲間になっていく・・・ありきたりのテーマですが、なかなか良くできています。

でもやっぱり、この映画の本当の主人公は、執拗にどんぐりを追いかける変なリス、スクラットだと思う。トイストーリーのようにコネタの応酬は無いけど、一箇所スタートレックのパロディがあって笑った。

8点/10点満点中

【8本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

623が亡くなって・・・

今日で10年・・・あっという間だったな。

あの出来事は一つの歴史の終焉であり、私の音楽への希望を喪失させた・・・彼女の死は未だ謎に包まれている。

未だ彼女を超えるヴォーカルは出てないし、SJMを超えるバンドもいない。

尖った記憶は・・・

高橋睦・・・やすらかに。R.I.P.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

アース

Earth いつもながらBBCのドキュメンタリー撮影スタッフは凄いね!最新の機材・超高速・低速・高感度カメラを駆使して撮影されたこの作品はどのカットを見ても芸術的で絵になる。空撮が多かったけど、野生動物相手なんで小型の気球(飛行船?)を使って無線で撮影したのかな?とにかく驚きの映像満載でした。

個人的に驚いたシーンは超高速カメラで撮影されたホオジロザメが海水面より高くジャンプしてオットセイを捕食するシーン。水しぶきの一滴一滴がスローモーションでサメの周りにまとわりついてゆっくり落ちていくところ・・・素晴らしい!!しか~し!・・・

確か、おすぎも言っていたと思うけど、映像美にこだわりすぎて、肉食動物が狩をして捕まえた動物がその後どうなるか?という所を描いていない。つまり残酷なシーンをあえて隠しているのがちょっと不満。

9点/10点満点中

【7本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あおぞ~ら~♪

昨日まで福岡は曇り~雨のしっくり来ない天気。香港のケロロさん、台北の☆キンキ♪さんからは現地では良い天気との事・・・お天気は西から東へ・・・を実証するように

今日の福岡は~青空が広がっています!

この空は世界中につながっているんですね~♪

Img_1561

ついでに・・・近所の日当たりの良いところでは・・・

早くも梅が咲いていました!

Img_1555

今日は立春!

Img_1560

早く春が訪れますように・・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

福岡限定!2月の水曜の午後は・・・

KBCラジオPAO~Nを聞こう!(再)

Thailand185x60_03

ちょうど私と入れ替わりのようにタイ入りした沢田アナ・奥田アナの珍道中の全貌が明日放送より(2月4日)明らかに!放送を前に番組HP内にブログ形式にてロケこぼれ話を掲載中です。

こぼれ話を読んでいると・・・タイの見るもの聞くものが珍しかった頃をなんとなく思い出して・・・懐かしい感じがしました。

幸二・智子の発見タイランド

ところで・・・

今回の私の旅行日記・・・何か忘れていると思いませんか?フフフ・・・そうです・・・Nang Kwak訪問記・・・ただいま鈍意執筆中(だって旅行記のリアクション薄いんだもん・・・)と言うことで・・・気が向いたら、休みの間にアップしますね~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日のモカちゃん、ぴろQとお昼寝

お休みの午後・・・

ソファーで昼寝しているぴろQに捕まったモカタソ

Img_1553

ちょっと微妙な表情・・・

Img_1554

| | コメント (5) | トラックバック (0)

居間でゴロゴロ・・・

5cb0e249689cd6d8369c4885435a56c2

今日から久々の3連休~!外へ出かけるとお金を使うので、ひたすら居間で溜まった映画とTV番組の消化に努めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

Alwaysz3 よく考えたら、前回の「アメリカングラフィティ」同時代の話なんだよなぁ~・・・アメリカと日本とこうも生活レベルが違ってたんだな。

徹底した時代考証で作り上げられた架空の昭和30年代。一見完璧に見えるけど、何かひとつ物足りない。私の子供時代は、この物語の設定より少し後ですが、昔を思い出すと不便・汚い・臭い・・・そんな事も含めて懐かしい気持ちになれるんですが、本作は、そんなところが一切排除された・・・ニオイというか生活感みたいなのが無いなぁ・・・と感じてしまいます。

とは言いながら・・・映画としてはツボをしっかり押さえて良く出来ていたので、最後はしっかり泣かせてもらいました。

9点/10点満点中

【6本目】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

アメリカン・グラフィティ

Ag BS2 衛星映画劇場

個人的にはジョージルーカスの最高傑作だと思う。(スターウォーズも大好きだけど特撮に助けられた部分が多い)公開は73年。当時ベトナム戦争に疲弊したアメリカに、古き良き時代を思い出させた作品だろうと、簡単に想像が付く。全編に50's~60'sのポピュラーミュージックが散りばめられ、ハイスクールを卒業したばかりの若者の一夜の出来事を、淡々と描いている。

こうやって改めて見ると、半世紀近く前のアメリカの若者の話なのに、いつの時代も一緒だな~・・・妙に感心してしまった。そういえばイスラエル映画「グローイングアップ」(1作目は大好き!)って言うパチ物まであったなぁ~

9点/10点満点中

【5本目】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

線路は続くよ~♪ロッブリー復路編 part2

帰りの列車内。結構混んでいました。

Img_0631 Img_0634_2

Img_0633 

刻々と日が暮れていく・・・Img_0635

この日、1月11日は選挙で7-11ではビールを売ってもらえませんでしたが、駅の売店でこっそり入手したビアチャーンで一服。

Img_0638 うんまぁ~

Img_0636

アユタヤに着く頃にはとっぷり日が暮れていました。

Img_0642 Img_0644

Img_0645 駅前の屋台ではパッタイが・・・

月が綺麗!日本でも見えてるかな?Img_0646

月明かりの下では・・・イカ焼き~

Img_0647 

線路は続くよ~♪ロッブリー復路編 おしまい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

線路は続くよ~♪ロッブリー復路編 part1

午後4時ロッブリー駅へ戻る。・・・と同時にアユタヤ方面の列車が発車していた。さっき切符売り場のお兄さんは「2時半が4時半に遅れている」・・・と言う話だったので、あれは違うだろう・・・と思ったら・・・たった今発車した列車が遅れた奴だった・・・ガーン・・・

結局次の電車5時半の奴に乗ることになる・・・(あ~また1時間半時間があまった!)駅前でぼ~っとしてすごす。地元の仲良しちびっ子が遊んでいた。

Img_0625 Img_0626

さらばロッブリー

さらばあいうぉんちゅ~!

Img_0627

Img_0628 Img_0629

とかしていたら・・・

あ・・・来た・・・

Img_0630_2

つづく 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »