« ベルヴィル・ランデブー | トップページ | 母と娘(こ) »

2008年11月29日 (土)

タイ空港占拠 国のイメージが低下した(11月29日付・読売社説)

年末・年始の観光先にタイを選ぶ人は、確実に減るだろう。

 首都バンコクの国際空港が反政府勢力に不法占拠され、機能マヒの状態が続いている。

 ソムチャイ政権は閉鎖された別の国内空港と合わせ、両空港に非常事態宣言を発令した。すみやかに解決の道を探るべきだ。このままでは「微(ほほ)笑みの国・タイ」のイメージは下がるばかりだろう。

 来月には、タイのチェンマイで東アジア・サミットなどの国際会議が開催されるが、こんな状態で開けるのだろうか。

 タイ政治に影響力を持つ陸軍のアヌポン司令官が、事態打開を目指し、平和的解決、下院議会の解散と総選挙の実施、占拠の中止などを呼びかけた。

 軍首脳が仲裁に入るのは異例のことである。2006年の軍クーデター以降の失政ぶりを反省し、再度の軍事介入を回避するために、動いているのだろう。

 ソムチャイ首相は、昨年末の総選挙を経た正当な政府である、と主張して、軍首脳の提言を拒否する態度を示している。

 代わって首相が発令した非常事態宣言は、執行権限を軍ではなく警察に与えるという異例の策だ。その警察も強権発動には消極的だと言われている。

 これでは、首相の退陣まで占拠を解かないとする反政府勢力「市民民主化同盟(PAD)」を排除するのは、難しいだろう。

 憲法裁判所の判断がカギになるのでは、との見方もある。

 昨年12月の民政移管に向けた下院選での与党「国民の力党」の選挙違反事件に絡み、党の解体を求めた最高検察庁の訴えが先月、憲法裁に受理されたからだ。

 ソムチャイ首相の前任のサマック氏が首相資格を停止されたのも憲法裁の判決だった。

 下院選違反は党ぐるみと認定する判断が出る可能性は、高いと見られている。そうなれば、党幹部は政治活動禁止処分となり、ソムチャイ政権は崩壊する。司法による事態打開のシナリオである。

 憲法裁の審議は、証人調べなどは行わずに書面だけで済ませ、年内にも結審し、判決が出るとの情報もある。

 首都空港の閉鎖が長引けば、経済的な影響は避けられない。

 ホテルや運輸などの観光関連産業を含め、世界的な景気後退の余波で、タイ経済は10~12月にマイナス成長に転落するとの懸念も出ている。政情不安は、海外投資家の心理にも影響するだろう。

(2008年11月29日01時45分  読売新聞)
---------------------------------------

↑今朝の読売新聞社説です。
国のイメージやら経済的打撃とか心配しているのは外国人だけで、当のタイ人はたいして深刻な問題とは受け取ってないようで・・・まぁ・・・内政不干渉って事で・・・なりゆきを見守ろうと思います・・・
でも・・・
私がタイへ旅立つ、1月6日までは落ち着いていろよ!
↓これ見たら・・・さすがタイ人
良くも悪くも・・・タイだなぁ~
心配していた自分よりも一枚も二枚も上でした・・・
---------------------------------------
非常事態宣言どこ吹く風、お祭り気分のタイ空港占拠

21559_mainimg 【タイ】27日夜のスワンナプーム空港とドンムアン空港に対する非常事態宣言の発令で、政治的には緊張が続くタイ。しかし空港を占拠している反政府団体「民主主義のための市民同盟(PAD)」の支持者はお気楽そのもの。非常事態宣言、どこ吹く風といった感じだ。

 警官隊の突入が予想されたスワンナプーム空港。行ってみれば参加者が続々と集まり、過去3日で最高のお祭り騒ぎだ。両親に連れられてやってきた幼児が遊び回り、犬が飼い主から逃げてターミナルを疾走、眠くなった参加者がチェックインカウンターの前で雑魚寝の場所取りをしていた。

 鶏の唐揚げ、豚肉のくし刺し、もち米、パン、水、ジュース、コーヒーに紅茶と、食事はもちろんタダ。気温が下がってきたので長袖のシャツもタダ。ブラジャーやパンツといった女性肌着もやはりタダと、至れり尽くせり。

 衝突に備えているのはヘルメットを持ち歩くのは報道陣のみ。気合いを入れて乗り込んできたが、空港のあまりの気楽さに肩透かしを食らった。やはりここはタイ。

 24日夜からの空港占拠、28日深夜の時点では未だデモ参加者たちの天国だ。(newsclip.beより)

|

« ベルヴィル・ランデブー | トップページ | 母と娘(こ) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

たはははは・・・
私もTVで見ていたら、
頭にぽよぽよって揺れるカチューシャを
付けていた人がいたので、
『ん?お祭り?』と思ってました。。。
早く落ち着くといいですね♪

投稿: りょりょ | 2008年11月29日 (土) 22時35分

>りょりょさん
ね~!のん気な国民でしょう?(笑)
でも、国論は二分しているようで、デモにまつわる議論をしていて、殺人事件に発展してしまったケースもあるようです。
この数日、首相府で爆発が起っていて死者も出ています。
多分国王の誕生日(12月5日)までには収まると、私は読んでいますが・・・

投稿: ぴろQ | 2008年11月30日 (日) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイ空港占拠 国のイメージが低下した(11月29日付・読売社説):

« ベルヴィル・ランデブー | トップページ | 母と娘(こ) »