« 韓国・南大門放火で69歳男を逮捕(読売新聞) | トップページ | hi5に貼ったMusic Video part3 »

2008年2月13日 (水)

ジョーズと戦った警察署長役、主演のシャイダー氏死去(夕刊フジ)

Rs  映画「ジョーズ」(1975年、スティーブン・スピルバーグ監督)で人食いザメと格闘する主人公の、小島の警察署長を演じた米俳優のロイ・シャイダー氏が10日、米アーカンソー州リトルロックの病院で感染症のため死去した。75歳。米メディアなどによると、4年前に多発性骨髄腫と診断され、闘病中だった。

 シャイダー氏は32年11月、ニュージャージー州オレンジ生まれ。63年のホラー映画『Curse of the Living Corpse』で映画初出演。71年、『フレンチ・コネクション』に出演し、アカデミー助演男優賞にノミネート。75年、『ジョーズ』で初主演を果たし、クライマックスで人食いサメのくわえるボンベに狙い定めたときの名セリフ、「笑えよ!」は世界的に有名になった。

 78年には続編の『ジョーズ2』でも主演。翌年には、ボブ・フォッシーの自叙伝的映画『オール・ザット・ジャズ』でアカデミー主演男優賞にノミネート。83年の『ブルーサンダー』など、その後も映画出演を続け、スピルバーグ制作のTVシリーズ『シークエスト DSV』でも主演した。

 日本でもファンは多く、訃報(ふほう)を悲しむ声が数多く聞かれた。ジョーズファンだったという男性会社員(48)は「『ジョーズ3人組』といわれたリチャード・ドレイファス(60)と故ロバート・ショウが、人食いサメに噛まれたキズの話で盛り上がっているとき、シャイダーだけが盲腸のキズを見ながら、話に入れない寂しさをこらえていた姿が印象的でした」と話した。

[産経新聞社:2008年02月12日 18時25分]

-----------------------------------------

私はJAWSの警官役もよかったけど、ALL THAT JAZZのジョーギデオンが好きでした・・・・やっぱり死ぬ間際、BYE BYE LIFEを唄ったのかな・・・

好きな俳優さんでした・・・R.I.P.

↓BYE BYE LIFEのシーンが転がってました。最高の死に際やね!私も死ぬ時はこうありたい。

ちなみにバックダンサーは「ピアノ売ってちょ~だい」じゃないよ!!

|

« 韓国・南大門放火で69歳男を逮捕(読売新聞) | トップページ | hi5に貼ったMusic Video part3 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョーズと戦った警察署長役、主演のシャイダー氏死去(夕刊フジ):

« 韓国・南大門放火で69歳男を逮捕(読売新聞) | トップページ | hi5に貼ったMusic Video part3 »