« Spaghetti House訪問記 撃沈編  | トップページ | おっしゃ~ちょっくら・・・ »

2007年12月 8日 (土)

シャーロットのおくりもの

Cc

原題 Charlotte's Web

レーシングストライプの時もそうでしたが、どうしてもこの手(動物が話して演技する)の映画を見ると、オーストラリア映画の「ベイブ」と比べてしまう。この映画は、ベイブと同じ子豚がテーマで、クリスマスには〆られてしまう運命・・・と設定は全く一緒。

VFXの進歩でかつてアニマトロニクスで表現されたような所はCGとなって、違和感無く見れるけど・・・やっぱりベイブの方が良い!なぜだろう?

ベイブは牧羊豚になる為、クリスマスには〆て食べようと思っているご主人様に忠誠を誓って努力する・・・そしてご主人様の心を開く・・・

ここが違うところですな・・・

原作は世界的ベストセラーだそうですが、映画にしてしまったらベイブには敵わない・・・って、これはベイブの映画評か? ^^;;

宇宙戦争(スピルバーグ版)で、ヒステリックに泣き叫んで大人顔負けの皮肉タップリクソ子役・・・ダコタ何某が普通に子役を演じていました・・・

7点/10点満点中

【162本目】

|

« Spaghetti House訪問記 撃沈編  | トップページ | おっしゃ~ちょっくら・・・ »

DVD」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101974/17282961

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロットのおくりもの:

« Spaghetti House訪問記 撃沈編  | トップページ | おっしゃ~ちょっくら・・・ »