« ホークス戦の感想(3月30日) | トップページ | ぴろQの今日の川柳 3月31日 »

2007年3月30日 (金)

ファンタスティックフォー

F4 コミックが原作と言う事で・・・こんな物まで映画化するとなると、ハリウッドは相当ネタが不足していると見た。ここまで来たらコミック同様他のヒーローとの競演も有り得るなぁ~とか思ってしまった。

アクションシーンが少ないので物足りませんが、この手の物につき物の仲間割れがあったり、仲直りがあったり・・・まぁまぁ良く出来ていましたね・・・

紅一点のインビジブルガール・・どっかで見たことあるなぁ~と思ったら、ダークエンジェルのジェシカアルバでした~

あと、敵をやっつける所はターミネーター2、ラストシーンはレイダース失われた聖櫃からパクってましたね。

2007年夏?秋?続編公開決定だそうです。

7点/10点満点中

【62本目】

|

« ホークス戦の感想(3月30日) | トップページ | ぴろQの今日の川柳 3月31日 »

DVD」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101974/14458404

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタスティックフォー:

» ダーク・エンジェル [映画や本を淡々と語る]
主人公のマックスは、並外れた運動神経と知力を持つ遺伝子操作人間。いわばスーパーガール。 だが、このドラマは単純なヒーローものではない。彼女は軍の秘密研究所から脱走した脱走兵なのだ。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 6日 (金) 14時21分

« ホークス戦の感想(3月30日) | トップページ | ぴろQの今日の川柳 3月31日 »