« 忘れとった~ | トップページ | 12月公開予定の »

2005年8月 9日 (火)

宇宙戦争

この夏の話題作最後はSスピルバーグの「宇宙戦争」・・・やっと見てきました。これを最後に見て正解でした。

好き嫌いがはっきり分かれる映画だと思いますが、私は大変気に入りました。

プロローグはH.Gウエルズ原作のナレーション・・・映像は世界中の都市の風景・・社会生活を営む人間・・・お!この演出は見たことがあるぞ!昔TVでやっていた科学番組カールセーガンのコスモスだ!!絶対あれから持ってきている!(コスモスではBGMはホルストの惑星より「火星」だった!)

劇中は徹底的な破壊と殺戮の連続、不条理極まりない悪夢の連続・・・はっきり言って子供には刺激が強すぎる気がする位悲惨・・・そして、ちゃんと「親子愛」という、いかにもスピルバーグらしいテーマも持たせて見せてくれる。(ラストにあれれ??って言うシーンもあるけど、まぁ目を瞑ってやろう)

先にリメイクされた「インディペンデンスデイ」(1996年作品)が、私にとってとんでもない糞映画だったのと、最近のスピルバーグ作品に対するフラストレーションが一気に解消された一本でした。

まぁいろいろ書きましたが、ひとことで言うと「深夜劇場で見た1953年版「宇宙戦争」を現代版に、これ以上無いくらいリアルに再現しました・・という感じですかね。オススメ!!

woftw

|

« 忘れとった~ | トップページ | 12月公開予定の »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101974/5380531

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦争:

» ■〔映画鑑賞メモVol.2〕『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ) [太陽がくれた季節]
こんばんは~、 さて、7月最初のエントリーです、 いやぁ、今日は良く晴れてねぇ(^^)、ともかく暑くて蒸してしんどかったぁ~ さて今回は、初日(6/29)のレイトショーで鑑賞した『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ)の雑感などを残してみます。 震え上がるが侭(まま)に画面に目を奪われる映画体験 スピルバーグはH・G・ウェルズの原作『宇宙戦争』が孕んでいたであろう19世紀末的世界観に、現在の大惨事(テロ攻撃、人災、天災…)的なところに重なるイメージ、ヴィジュ... [続きを読む]

受信: 2005年11月10日 (木) 14時21分

« 忘れとった~ | トップページ | 12月公開予定の »