« ずいぶん前から気になっていた | トップページ | 福岡アジア美術館 »

2005年7月26日 (火)

大アンコールワット展

福岡アジア美術館で開催されている「プノンペン国立博物館所蔵 大アンコールワット展」を見てきました。夏休みに入っているのでガキんちょがウヨウヨいるかな・・・と思いきや・・・福岡の人は東南アジアにあまり関心が無いのか、宣伝広告が足らないのか意外とお客さんは少なかったです。

四つのテーマに区切られていてそれぞれ展示されている石像のアルカイックスマイルに心癒されました。今年一月のタイ旅行で、東南アジアのヒンズー教、仏教、クメール美術をおなか一杯見てきたけど、このアンコールワットはこれまた一味違った趣きがあり、やっぱり一度は行きたいという気持ちが膨らみました。でも現地はめちゃくちゃ暑いんだろうなぁ~

8月28日(日)まで開催されていますので、お近くの方はぜひ御覧になることをお薦めします。ex_02_0506011449362394

|

« ずいぶん前から気になっていた | トップページ | 福岡アジア美術館 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大アンコールワット展:

« ずいぶん前から気になっていた | トップページ | 福岡アジア美術館 »